1. EEIE HOME
  2. VOICE
  3. 一粒のタネから広がる未来 ~TAKII Staff VOICE~
  4. ~おいしいネギの見分け方~(店頭でのチェックポイント)

VOICE

一粒のタネから広がる未来 ~TAKII Staff VOICE~

12.09.12

~おいしいネギの見分け方~(店頭でのチェックポイント)

年間を通じて出回っていますが、白ネギは寒さの厳しい12月~1月ごろ甘味が増します。葉ネギ類も味がのるのは秋口から春にかけてです。

コントラストのはっきりしたもの、根のみずみずしいもの

長ネギ(白ネギ・根深ネギ)は、白と緑の境目で色のコントラストがはっきりしているものほど良品です。また、触った時に、フカフカした感触のものは巻きが甘い証拠。固くしまったものを選びましょう。

細ネギ(青ネギ・葉ネギ)は根のみずみずしさで鮮度もチェックして。

葉のハリと粉

葉の先までハリとツヤがあり、シャキッとしているものが新鮮。緑の部分が白い粉を吹いているように見えるものは、よく生育している証拠です。

ネギの種類

ネギには500以上の種類がありますが、次の3群に大別できます。

加賀群・・・東北などの寒冷地で栽培される。白い部分が太くて短く、加熱すると甘くやわらかくなるので、冬の鍋物にぴったり!

千住群・・・人気品種の「ホワイトスター」など現在最も品種が多い。葉肉がよくしまり、生ではシャキッとしており、加熱するとやわらかい。

九条群・・・京都・九条生まれの緑に部分を食べる葉ネギ。太ネギ・細ネギ両方があり、福岡産の細ネギは、「万能ネギ」の名称で知られる。やわらかで香りがよく、歯切れもいいので、薬味に最適!

ネギはまさに「薬」味!

葉ネギに豊富に含まれるカロテンは、粘膜を保護し、免疫力を高めると言われています。また、ネギの香りは抗菌作用が期待できる硫化アリルという物質ですが、これは白い部分に多く含まれます。緑と白の部分それぞれを、うまく使い分けましょう。さらにはビタミンB群も適度に含んでいるので、代謝を促進して疲労回復、風邪予防に効果的。

東は白、西は青

東日本では白ネギ、西日本では青ネギが生産・消費量とも多く、好みがはっきり分かれます。関西育ちの私は、みそ汁に入れるのも青ネギの小口切り。この方が彩りがいいような気がします。関東の方は、白ネギの上の部分を捨ててしまいがちだそうですが(!!)、縦に包丁を入れてぬめりをしごき取ると、おいしく食べられます。

ネギの保存方法 -傷みが早いので注意-

乾燥や水気ですぐに傷むので、水気をふき取り、新聞紙にくるんで冷蔵庫へ。特に細ネギは早めに使い切ることが肝心。買ってきたらすぐ小口切りにして、冷蔵庫か冷凍庫へ入れるのもよいでしょう。

みなさんのお役に立つ情報をたくさんご提供して行ければと考えております。
どうぞ、宜しくお願い致します。

タキイ種苗㈱広報担当

タキイ種苗(株)広報担当

【写真左】松本 麗(マツモト レイ)
出身地:滋賀県
好きな野菜:こどもピーマン
好きな花:ユ-ストマ
マイブ-ム:コ-ラ

【写真右】荒木 匡子(アラキ キョウコ)
出身地:奈良県
好きな野菜:トマト
好きな花:ガーベラ
マイブ-ム:中国茶

PAGE TOP

about
タキイ種苗㈱ 1835年(天保6年)の創業以来、野菜や草花のタネ・苗から便利で役立つ農園芸グッズまで幅広く取り扱っています。弊社の代表的な品種に、野菜ではトマト『桃太郎』、草花ではヒマワリ『サンリッチ』シリ-ズなどがあります。これからも、国内外の農業生産者・消費者のニーズに合った新しい品種の育種・開発に努め、世界の「食」と「農業」を支えていきます。
Voice Index
~第62回2.野菜を育てよう おてがる菜園~
~第61回1.野菜を育てよう おてがる菜園~
~第60回2.野菜を育てよう 袋栽培《秋》ハクサイ~
~第59回1.野菜を育てよう 袋栽培《秋》ダイコン~
~第58回 ひまわりの栽培 『サンリッチひまわり』の栽培にチャレンジ!~