1. EEIE HOME
  2. VOICE
  3. レモンのおいしさを手軽に ~POKKA LEMON VOICE~
  4. 脂ののった旬のさんまを使ったレシピ

VOICE

レモンのおいしさを手軽に ~POKKA LEMON VOICE~

11.09.14

脂ののった旬のさんまを使ったレシピ

秋の味覚さんまはレモンと相性ぴったり。 脂ののった旬のさんまをレモンでおいしく味わいましょう。

さんまのムニエル レモンソース

<材料(4人分)>

・さんま:4尾
・塩:少々
・こしょう:少々
・小麦粉:適量
・オリーブ油:適量
・粉ふきいも:4個
・パプリカ (またはピーマン):各1/2個(3種類)
・たまねぎ (薄切り):40g
・オリーブ油:小さじ2
【A】
ポッカレモン100:大さじ3
・ナッツ類 (粗みじん切り):大さじ2
・イタリアンパセリ (粗みじん切り):3枝分
・にんにく (みじん切り):1片
・ケイパー:小さじ2
・エクストラバージンオリーブオイル:大さじ3
【B】
ポッカレモン100:大さじ4
・砂糖:大さじ3
・塩:小さじ1/4
・黒こしょう:少々

<作り方>

  1. 【B】の調味料を合わせておきます。
  2. パプリカ、ピーマンは2cm角に切ります。フライパンにオリーブ油を熱し、たまねぎとパプリカ、ピーマンを入れ30秒炒め、【1】で合わせた【B】の調味料に30分以上漬け込みます。
  3. さんまは下処理をし、1尾を半分に切ります。両面に塩・こしょうを軽く振り5分ほどおき、水分をペーパータオルで押さえます。
  4. 【3】のさんまに小麦粉を薄くまぶし、オリーブ油で両面香ばしく焼き、皿に盛ります。
  5. レモンソースを作ります。【4】のフライパンを軽くふき、オリーブ油大さじ3を入れ、弱火で【A】のにんにくを香ばしく炒めます。残りの材料のナッツ、ケイパー、イタリアンパセリを入れてさっと炒め、ポッカレモン100を加えて煮立て、火を止めます。
  6. 【4】のムニエルにレモンソースをかけ、粉ふきいも、パプリカ、ピーマンを盛り合わせます。

<ポイント>
レモン果汁には、お魚の臭みの成分をやわらげる(中和やマスキング等)働きがあるので、お魚料理の仕上げや下ごしらえ、調味液などにレモンを使うと、お魚独特の臭さを消すことができます。

さんまの蒲焼丼

<材料(4人分)>

・さんま (3枚におろしたもの):3尾
・小麦粉:適量
・サラダ油:大さじ2
・しし唐:8本
・温泉卵:4個
・七味唐辛子:適宜
・白ごま:適宜
・ごはん:4人分
【A】
ポッカレモン100:大さじ1と1/2
・オイスターソース:小さじ2
・みそ:小さじ2
・市販の焼肉のタレ:90ml
【下味】
ポッカレモン100:大さじ2
・塩:小さじ1/2
・こしょう:少々

<作り方>

  1. さんまは半分に切り、両面に【下味】の塩・こしょう・ポッカレモン100をふる。
  2. 【A】の調味料をすべて混ぜ合わせておく。
  3. 洗って表面にようじで穴をあけたしし唐を、フライパンにサラダ油大さじ1/2を熱し、サッと炒めて取り出しておく。
  4. 【3】のフライパンにサラダ油大さじ1と1/2を熱し、水分を取って小麦粉を両面にまぶしたさんまをこんがり焼き、取り出しておく。
  5. フライパンの油をキッチンペーパーできれいにふき取り、合わせ調味料【A】を入れて、煮立ったら【4】をからめ、最後に【3】のしし唐をフライパンの端に入れ、タレをからめる。
  6. 丼にごはんをよそい、さんま、しし唐を盛り付け、最後に温泉卵をのせ、お好みで白ごま、七味唐辛子をかける。

<ポイント>
オイスターソースがない場合は、しょうゆ 小さじ1、みりん 小さじ1で代用してもかまいません。

PAGE TOP