1. EEIE HOME
  2. VOICE
  3. くらしの中に伝統とクリエイティビティ。中川政七商店 ~NakagawaMasashichi VOICE~
  4. 春をとどけようプロジェクト

VOICE

くらしの中に伝統とクリエイティビティ。中川政七商店 ~NakagawaMasashichi VOICE~

12.02.15

春をとどけようプロジェクト

まだまだ寒い毎日ですが春が待ちどおしい季節ですね。

中川政七商店では昨年3月の震災の後、被災地に「春をとどけよう」とプロジェクトを立ち上げました。
3月には当社の桜をモチーフとした商品の売り上げの一部をはじめ14社の協賛のもと、東北地方に100本の桜を植樹することを予定しております。

さらに、「日本の伝統工芸を元気にする!」というビジョンを掲げる中川政七商店ができることは何かを考え、東北でものづくりをされている方々と協力して商品を作り、その売り上げの一部も桜の植樹にあてることにいたしました。

2月29日より、東北の職人さんによる「東北6県オリジナル商品」を全国の直営店とオンラインショップにて展開いたします。

先行して一部をご紹介したいと思います。

  • ◎青森からは、うさぎりんごがかわいい「りんごの木の箸セット」など。
  • ◎岩手からは、人類最古の宝石と呼ばれる「琥珀のハートピンバッジ」など。
  • ◎秋田からは、天然秋田杉にこだわった「曲げわっぱ親子コップ」など。
  • ◎宮城からは、手元が伝統の鳴子こけしの「こけし折り畳み日傘」など。
  • ◎山形からは、さらりとした麻糸×柔らかなウールの「月山緞通ルームシューズ」など。
  • ◎福島からは、残り2件となり400年もの歴史をもつ「会津木綿がま口」など。

そして、6県仲良く登場するアイテムも、6種のこけし型の「マグネットしおり」、そのまま送れる葉書セット「こけしだより」、東北6県の名物柄の限定「東北ふきん」、東北菓子職人による「東北お菓子缶」、と4アイテムが登場いたします。

2月29日にはオンラインショップに登場いたしますのでぜひお立ち寄りください。今回ご紹介した商品以外にも東北の魅力がつまった素敵な商品が登場いたしますのでお楽しみに。。☆

<プロフィール>

広報担当 鈴江恵子

広報担当 鈴江恵子

高知県生まれ、O型。遊 中川本店店長、新店舗立ち上げ、生産管理など経験した後、5年間のフランス滞在を経て舞い戻り、現在は経営企画室に所属し広報と通販を担当。高知⇒大阪⇒パリ⇒ベジエ⇒大阪と移り住み、ただいま奈良暮らし。

PAGE TOP

about
中川政七商店 奈良の地で享保元年(1716年)に創業以来、手紡ぎ手織りの麻織物を扱い続け、現在ではオンラインショップのほか、 「遊 中川」「粋更kisara」「中川政七商店」のブランドで全国に 直営店を展開しております。300年の歴史を持つ老舗として変えてはいけないこだわりを持ちながら、従来の形だけにとらわれず、これからも現代の生活の中に新たな提案をして参ります。
Voice Index
「日本市 奈良三条店がオープン。隔月マルシェも開催いたします!
にっぽんこうげいパビリオン 期間限定で本町にオープン!
遊 中川本店ほか、新店続々OPEN!
「中川政七商店 東京本店」 KITTEにオープン!
新業態「中川政七商店街」1号店OPEN!