1. EEIE HOME
  2. VOICE
  3. だから、言わんこっちゃない ~EEIE Editor's VOICE~
  4. 「おもてなしサロン」第2回、またまた大盛況でした!

VOICE

だから、言わんこっちゃない ~EEIE Editor's VOICE~

12.03.28

「おもてなしサロン」第2回、またまた大盛況でした!

三寒四温、温かい日が続いたと思うと、急に寒くなって、そしてまた温かくなって...、と目まぐるしく変わりながら、今年ももう春の足音が近づいてきました。

そんな春待ち遠しい3月10日(土)に、【COOKING 心を豊かにする、おもてなし料理】のコーナでお馴染みのおもてなしの達人、小川薫先生の料理教室[Salon de clover]とEEIEがコラボレートした「おもてなしサロン」の第2回目を開催しました。

前回、1月に開催した「おもてなしサロン」の大盛況の様子をご紹介したこともあってか、今回は8名×2部開催=16名の定員に対して、10倍を超える方々に応募頂きました。高い倍率から選ばれた参加者の皆さんだけに期待も大きく、サロンの間も真剣にメモを取ったり、質問したりと積極的で、終始、楽しい空気に包まれていました。

今回のテーマは「春を彩る"おもてなしお弁当"」。
春のお花見のシーズンに向けて、春を感じられる"おもてなしお弁当"をご紹介。
メニューは以下の7品です。

・若ごぼうの牛肉巻き ごまだれ焼き
・鮭と山芋の塩麹焼き
・菜の花の梅肉和え
・スナップえんどうのごまマヨネーズ和え
・ふわふわ竜田揚げ
・豆ごはん
・海老しんじょうのお吸い物

いずれも旬の食材をちょっと一工夫で美味しく、見た目も美しく仕上げたアイデア料理。
お弁当というより、ちょっとしたコース料理といった豪華な内容です。

  • テーブルコーディネイトは春らしく。器は長崎県の波佐見の陶磁器メーカー、白山陶器のもの。関西では、昨夏[淀屋橋odona]にオープンした大阪ショールームで展示・販売しています。
  • 皆さん、メモを取りながら真剣に小川先生のお話に聞き耳を立てています。

2時間の間に7品調理して、試食して、始まるまでは結構大変そうかなと思っていましたが、そこはさすが"おもてなしのスペシャリスト"の小川先生、1品1品手際よくこなしていきます。

参加者の皆さんの実践では、「わたし、普段、お料理したことないんですよ~」なんて言っていた方も、小川先生のアドバイスもあってか、なかなかの手捌きを披露。初対面の方同志でも仲良く和気藹々と楽しんでいらっしゃいました。

そうこうするうちに、1時間30分程度で7品が完成。
小川先生がこの日のテーブルコーディネイトに用意した白山陶器の器にみんなで盛り付けてテーブルに並べると、テーブルの上はもう春爛漫。

そして、いよいよお待ちかねの試食会。

意外と簡単なレシピなのにもかかわらず、旬の素材の味わいを引き出したアイデアレシピに、皆さん「美味しい」を連発しながら、楽しく味わっていらっしゃいました。

  • みんなで楽しく実践。初対面の方同志も、和気藹々とアットホームな空気に包まれていました。
  • 手際よく、7品完成しました。彩りも鮮やかで、器の上は春爛漫です!

楽しい試食タイム。皆さん、口々に「美味しい」。中には「大人な味です!」なんてナイスな感想も(笑)

デザートには[餅匠しづく]の桜餅と、小川先生お手製の、"イチゴの王様"と言われる「あまおう」を使ったイチゴのムースまで振る舞われて、皆さん大満足の様子。
帰り際には、小川さんと記念撮影したりと、皆さんすっかり仲良しに。
いつも【COOKING 心を豊かにする、おもてなし料理】のコーナーで、小川先生にお料理を通じてご紹介頂いている「おもてなしの心」を直に学んで頂ける、この「おもてなしサロン」。
また機会を見て、開催したいと思いますので、次回を楽しみにお待ちくださいませ。

PAGE TOP

about
エルマガジン社/EEIE エディターズ 「快適できれいなくらし」の姿を追い求め、日々、取材や編集に明け暮れるエルマガジン社EEIEエディターチーム。三者三様なパーソナリティを全開に、仕事漬けの毎日で、自らの家庭での暮らしは「快適できれい」とは正反対のところが悩みの種…。
Voice Index
これからも自分のペースで走り続けよう。長距離走者のように。
関西一のパワースポットへ、初詣。
篠山のめぐみ、岡本の口福。
鉄瓶を育てています。
秋の終わりの、山陰の旅。