1. EEIE HOME
  2. VOICE
  3. だから、言わんこっちゃない ~EEIE Editor's VOICE~
  4. もしかして、雨女・・・?

VOICE

だから、言わんこっちゃない ~EEIE Editor's VOICE~

11.06.01

もしかして、雨女・・・?

4月から始まった新連載、お楽しみいただいてますか?
全体のデザインリニューアルとともに、大きく変わったコンテンツが「植物とくらす」と「ヘルスケア&ビューティー」です。どちらも編集者やライターが実際に試してレポートする体験企画です。

「植物とくらす」はわたくし編集Kが潤いのある植物のあるくらしを目指して野菜づくりにチャレンジするという体験企画です。植物とともに悪戦苦闘する日々をレポートしているのですが、植物以上に手強いのが、取材日のお天気。

この春は気象状況が不安定で、なかなか晴れる日がなく、週間天気予報を念入りにチェックして「ここらへんが良さそうですね」とカメラマンの市川さんと相談するも、撮影日の朝は空一面に厚ーい黒い雲。嫌な予感を抱きつつ、打ち合わせをしているとすぐに降り出した雨。1時間ほど待って、小ぶりになる頃を見計らって屋上に出ると、いきなり待ってましたといわんばかりの豪雨に!!
カッパに身を包んだカメラマンの市川さんと傘を差す私たち。「鉢をもう少し右に置いて」「傘で顔が隠れてる!」というカメラマンの指示も雨の音で聞こえません。種まきの日は確かに「穀雨」といって、穀物を潤す雨が降る季節ではありますが、潤いのレベルを遙かに超える、見事な降りっぷり。それにしても植えた種が水浸しになるほど降らなくても・・・。穀雨が降りしきるなか、なんとか撮影を終えて、市川さんと古鍛治さんと3人、熱いお茶で冷えた体を温めたのでした。

そういえば、その前の特集取材で、屋外で撮影する予定の日も朝からどしゃぶり、その後の京都取材もしとしと雨・・・。晴れ女を自負していたのに、ここのところの雨続きで取材スタッフの間では私の雨女疑惑が浮上。花粉症と同じく、自覚したら負け!と信じて取材に出かける日々です。いよいよ梅雨の季節が到来。さらにお天気との相性が試される時期がやってきます。

PAGE TOP

about
エルマガジン社/EEIE エディターズ 「快適できれいなくらし」の姿を追い求め、日々、取材や編集に明け暮れるエルマガジン社EEIEエディターチーム。三者三様なパーソナリティを全開に、仕事漬けの毎日で、自らの家庭での暮らしは「快適できれい」とは正反対のところが悩みの種…。
Voice Index
これからも自分のペースで走り続けよう。長距離走者のように。
関西一のパワースポットへ、初詣。
篠山のめぐみ、岡本の口福。
鉄瓶を育てています。
秋の終わりの、山陰の旅。