1. EEIE HOME
  2. VOICE
  3. 健康な毎日のために ~KMN helth care VOICE~

VOICE

健康な毎日のために ~KMN helth care VOICE~

12.10.24

【兆候】 男性の隠れ冷え

川嶋 朗 [東京女子医科大学附属青山自然医療研究所クリニック(東京都港区)所長]

汗っかきで体格のいいYさん(47歳)。最近受診した内科で「体が芯から冷えている」と指摘された。自覚はなく、冷えなど無縁だと思えるのだが。

男性の体を冷やす3つのパターン

「冷え性」と言うと、女性特有の症状・不調という印象が強いのか、自らを冷え性だと認める男性は少ない。だが、男性の中にも手足が冷たい、末端が冷えていると感じている人が多いのも実情だ。このように自覚のない「隠れ冷え」こそ厄介なのだ。

体が冷えると、様々な不調を生じる。肩こりや足腰の痛みに始まり、ED(勃起障害)、薄毛、前立腺肥大症、痔といった症状も、体の冷えに起因していることが多い。いずれも血流が悪いために、末端までしっかりと血液が運ばれていないことから起こる症状だ。原因がはっきりせず、このような症状に長く悩まされているという人は、隠れ冷えを疑ってみた方がいい。うつ病やガンの患者も、体が芯から冷えているケースが数多く見られる。

体を冷やすパターンは大きく分けて3つある。1つは冷たいものを口から取り込んで「内側から冷やす」。2つ目は冷房のかけすぎや薄着による「外側から冷やす」。そして、3つ目はストレスが原因による「心の冷え=体の冷え」。過度の緊張から心の機能が低下すると、体も冷えてくるのである。

さらに、意外な盲点なのが「薬による冷え」だ。痛み止めの解熱鎮痛薬や抗アレルギーで処方されるステロイドの内服薬は体を冷やす。うつ症状を改善する向精神薬にも体を冷やす成分が含まれている。こうした薬剤を長期服用することにより、体が冷えてしまっている患者も、これまで多数見てきた。

もっと詳しく

PAGE TOP

12.10.03

【食事】 お酒やお菓子は選び方ひとつでカロリーダウン

動脈硬化は、コレステロールがおかゆ状になって、血管の内側にくっつくことから始まることが多い。体内のコレステロールを手っ取り早く調整するには、まず減量を薦められる人が多いだろう。 減量に取り組むとき、食べ物に気をつけること、適度な運動をすることを求められる。ではどんな点に気をつけるべきか。今回は、口にするもののうち、お酒と嗜好品について考えてみよう。

more

12.10.03

「健康プロモ」が「2012年度グッドデザイン賞」を受賞/アップルストア銀座セミナー開催

株式会社関西メディカルネット(本社:京都市)では、このたび健康管理支援システム「健康プロモ」で「2012年度 グッドデザイン賞」(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞いたしました。

more

12.09.12

【知識】 女性も気をつけたい動脈硬化

「女性は動脈硬化になりにくいのよ。だから大丈夫」 そう信じてしまって、検診を受けない方も少なくないと聞く。確かに40代前半までの女性は、女性ホルモン、エストロゲンの影響で動脈硬化を起こしにくい。しかし更年期に入って、エストロゲンが減ると、この恵みを受けにくくなってしまうことをご存知だろうか。 たるみやしわが増えるとか、ほてりやのぼせ、イライラといった、表面的なことばかり気になってしまいがちだが、体の内部でも変化が起きていることは見逃さないでほしい。 日経ヘルス・プルミエの調査によると、平均的な閉経年齢は50.5歳だったという。更年期は閉経をはさんで前後5年程度の期間をさす。そうなると、45歳くらいから女性ホルモンの恩恵は小さくなっていると考えたほうがよさそうだ。たとえば大動脈乖離という、心臓の近くの血管の一部が破損する病は、男性より女性の発症率が低い。しかし閉経後は、女性でも徐々にその発症...

more

12.08.22

まずは15分よけいに歩くことから始めよう

一日たった15分だけ、歩く機会を増やせばメタボリック症候群(=以後メタボと呼ぶ)のリスクを減らせるという研究が、2010年に米国で発表された。運動と言っても、フィットネスクラブに通いなさい、水泳を始めなさいという話ではないのだ。  動脈硬化をはじめとする生活習慣病予防のために、減量を薦められる人が多い。減量のためには、食事と運動に気をつけることが王道だ。運動に限らず目安がないと続けられない、目標がないとなかなか取り組めないとお嘆きのあなたに、まず手始めにどんな点に気をつけるべきか。今回は、運動について考えてみよう。

more

12.08.08

【セルフチェック】 聴診器でセルフチェック

部長職のCさん(54歳)から「親戚に脳梗塞や心筋梗塞などの血管の病気の人が多く、自分も心配だ」との相談を受けた。脳梗塞や心筋梗塞をセルフチェックできる方法がある。医師が使用している聴診器で「体の声」を聴くことだ。聴診器はレントゲンのように被曝の心配もなく、非常に多くの体の情報が得られる。医療従事者だけでなく、誰にでも簡単に使うことができる。

more

PAGE TOP

about
関西メディカルネット 平成15年「健康であること」につながるサービスを、トータルにサポートできる会社でありたい、そんな想いから誕生しました。
皆さまからの「健康への思い」を大切にして、安心と満足をお届けし、健康の輪を広げるお手伝いをしてまいりたいと考えております。
Voice Index
【兆候】 男性の隠れ冷え
【食事】 お酒やお菓子は選び方ひとつでカロリーダウン
「健康プロモ」が「2012年度グッドデザイン賞」を受賞/アップルストア銀座セミナー開催
【知識】 女性も気をつけたい動脈硬化
まずは15分よけいに歩くことから始めよう