1. EEIE HOME
  2. VOICE
  3. Joshinの試用レポート ~KADEN expert VOICE~
  4. HUROMスロージューサー「HU-400」

VOICE

Joshinの試用レポート ~KADEN expert VOICE~

12.05.16

HUROMスロージューサー「HU-400」

話題の商品を Joshin web スタッフが実際に使ってみて、その特長をお伝えする「試用レポート」。

今回ご紹介するのは、「毎朝、本格的なフレッシュジュースを飲みたい!」そんな方におすすめなのが、世界初の特許技術で、素材をまるごと生搾りできる「石臼式」の低速圧縮搾りジューサーです。
今までの家庭用ジューサーでは、どうしても摩擦熱が発生してしまい、熱に弱い栄養素や酵素まで一緒に破壊してしまいましたが、「HU-400」は、石臼式の低速回転によって摩擦熱をおさえて、美味しく栄養たっぷりのジュースが搾れます。

★ヒューロム スロージューサー「HU-400」のここが凄い!!★

  • 低速圧縮搾り「LSTS方式」で、自然の素材の味と栄養素をそのまま保存。ビタミンCは、通常のジューサーに比べて約6倍も多い。
  • 分離抽出方式により、消化吸収の良い健康的なジュースが搾れます。
  • 低速モーターによる30~50デシベルの静かな運転音。
  • 石臼方式のため刃のない安全な設計。
  • 本体と付属品をチェック。
  • 美味しさの秘密はこの石臼式スクリュー。

箱を開けるとこれだけのものが入っています。左上から、受け容器、ドラムキャップ&トレー(押し棒)、本体、豆腐用型、ジュースストレーナー/ストレーナー自動洗浄ホルダー、スクリュー、ドラム、掃除ブラシ、写真にはありませんが、押し板、アイディアブックも付いています。

ご覧のように、一般的なジューサーのような金属刃がありません。このスクリューを低速回転させて、石臼のように素材をすり潰して搾ります。刃がないので、安心して使う事が出来ますね!

  • スクリューをセットして準備します。
  • ドラムキャップをしっかり固定します。

 スクリューをジュースストレーナー、ドラムにセットして組み立てます。スクリューは石臼方式のため安全ですが、ずっしりと重量感があるので床に落とさないように注意して扱って下さい。

先に組み立てたドラムを本体にセットしたら、写真「○」のように上下の突起部分がぴったりと合うようにして、ドラムキャップを上からしっかり固定します。ちゃんとセットが出来ていないと安全装置が働き、スイッチをいれても動作しないようになっています。

  • 用意した素材はこちら。
  • カットしたリンゴを投入!

今回は、キウイ、プチトマト、リンゴ、バナナを用意しました。その他にも、キュウリとニンジンも試してみました。各素材を挿入口の大きさ(約3.5×4.5cm)に合わせてカットしておきましょう。

手始めに、リンゴを搾ってみます。挿入口に入れると数十秒ほどで、絞り汁と絞りかすに分かれて抽出されて出てきます。リンゴのフレッシュな香りが部屋中に漂ってきました!

  • 静かな動作音も自慢です。
  • 分離抽出方式で、搾り汁が出てきました!

高性能なACモーターを搭載し、回転数をおさえることで、動作音は30~50dBを実現。とっても静かです! この低速搾り方式により、熱に弱い栄養素や酵素の破壊を防ぎ、自然そのままの色や味を楽しめます!!

奥の容器には、繊維質や皮・種などの固形物(搾りかす)が排出されます。手前の容器には、細胞内栄養、ビタミン、ミネラル、ファイトケミカルなどが十分に含まれた、消化吸収の良い、すぐれたジュースが抽出できます。

  • ほかにも、色々搾ってみました!
  • 搾ったジュースを飲んでみました。

搾るのが楽しくなってきたので、ニンジン、プチトマト、キウイ、キュウリも試してみました。素材によって時間が変わりますが、水分の多いものだとあっという間に抽出できました。普通のジューサー・ミキサーよりもしっかりと搾ることができるので、抽出量が多く、まるで食べるみたいに飲める、栄養価の高いジュースが作れます。最大で連続30分使用できます。

色々試していると、香りに誘われてスタッフが集まってきました! みんなで試飲した感想を聞くと「サラッとして飲みやすい!」「味がしっかりとしていて濃い!」「後味がスッキリとしている!」「おいしい~!」とかなり好評でした!

  • プチトマトも美味しく搾れました。
  • 搾りかすは料理に活用できます。

鮮やかな赤い絞り汁は、まさに新鮮そのもの! 大変フレッシュでしかもスッキリとした喉ごしながら、味もしっかり抽出できていました。塩をひとつまみ加えると、味がいっそう引き立ちますよ。資料によると、通常のジューサーと比べて、ビタミンCが約6倍も抽出できるそうです!

 ジュースを搾って出てきた絞りかすには繊維質がたっぷりと含まれているので、このまま捨てるのはもったいない。「ハンバーグ」や「ケーキ」に練り込んだり、「野菜スープ」に入れたりすれば、料理に活用して摂取する事が出来ます。

  • お手入れも簡単です。
  • 分解、掃除も簡単です。

今回色々な素材を試してみましたが、搾ったあとはドラムキャップ上部の挿入口に水を注ぐだけで、自動的に内部が綺麗になります。わざわざ分解して洗わなくても、味の違う素材を続けて搾る事が出来ます。

使い終わったら、簡単に分解して水洗いすることが出来ます。付属の掃除ブラシを使って、フィルターに付いた細い繊維質などを取り除き、綺麗にしておきましょう。

従来のジューサー・ミキサーは金属の刃で素材を細かく刻んでからフィルターで「搾り汁」と「固形物」を分離していましたが、この「ヒューロム・スロージューサー」は石臼方式で素材を粉砕すると同時に「搾り汁」と「固形物」を分離する全く違う方法でジュースを作り出します。世界初のこの方式は1分間に80回転というゆっくりとした回転で、素材の持つ自然な色や味をそのまま搾る事が出来ます。絞り出されたジュースは繊維質が少なくスッキリと飲みやすいだけではなく、消化吸収にすぐれ、素材の栄養素をたっぷりと含んだ健康的なジュースとして飲む事が出来ます。

この方式の最大のポイントは、低速圧縮搾りによって、摩擦熱の発生が少なく、熱による酸化を抑え素材の持っている様々な栄養素を破壊しない点です。細胞内栄養、ビタミン、ミネラル、ファイトケミカルなどを美味しく摂取できるんですね。 ※ファイトケミカルは、健康によい植物栄養素(phytonutrient)として医薬品などにも応用されて注目されている栄養素です。

残念ながら、今回試した素材の中で「バナナ」だけは上手く搾る事が出来ませんでした。粉砕しても、水分だけを搾る事の出来ない素材はフィルターの細かい穴を通過できず固形物として排出されてしまいます。また、水を入れてかき混ぜたり、大きな氷を入れて一緒に粉砕することは出来ませんのでご注意下さい。

もっと詳しく

PAGE TOP

about
上新電機/oga. 家電専門店ジョーシンでは、話題の商品の試用レポートを多数公開中。スタッフが実際に入荷してきた商品をじかに触ってレポートする、鮮度の高い情報です。ご購入検討時の参考にはもちろん、読み物としてもお楽しみ下さい。
Voice Index
フローズンフルーツメーカー ミュミュ EB-RMFD2
高圧洗浄機 「ベランダクリーナー」(1601443)
シービージャパン ノンオイルフライヤー TOM-01-BK
真空ジュースミキサー TMV1000
DCモーター搭載 マイコン式タワー扇 F-S1XJ