1. EEIE HOME
  2. VOICE
  3. Joshinの試用レポート ~KADEN expert VOICE~
  4. SONY ウォークマン「NW-E052」シリーズ

VOICE

Joshinの試用レポート ~KADEN expert VOICE~

11.01.26

SONY ウォークマン「NW-E052」シリーズ

話題の商品を Joshin web スタッフが実際に使ってみて、その特長をお伝えする「試用レポート」。通勤・通学、お出かけの時には欠かせない携帯型音楽プレーヤー。

いつでもどこでもお気に入りの音楽のある生活が実現します。
今回は、携帯型音楽プレーヤーの中でもっとも伝統のあるソニーのウォークマンの最新モデル「NW-E052(写真左)」と、「NW-S754(同右)」を取り上げてみました。

★ ソニー ウォークマン NW-E052 / NW-S754のここが凄い!!  ★

  • 人気のヘッドホン「MDR-EX300SL」に匹敵する高音質ヘッドホンを付属!
  • 待望の歌詞表示機能「歌詞ピタ(TM)」搭載、カラオケも楽しめる。
  • 試聴曲を自動転送。新しい音楽と出会える「ちょい聴きmora」
  • PCソフトウェアを使わずにドラッグ&ドロップで音楽を転送可能
  • スピーカー付属モデルなら、外ではヘッドホンで。家ではスピーカーで。
  • FMラジオも楽しめる。
  • エントリーモデルの【Eシリーズ】に、初めて「WM-PORT」を搭載。対応機器と直接接続して楽しめる
  • スタミナ長時間再生。音楽連続再生【Eシリーズ】約33時間、【Sシリーズ】55時間。
  • 【Sシリーズのみ】デジタルノイズキャンセリング機能搭載。
  • NW-E052Kのご紹介から
  • 付属品です

まずは、シンプル&コンパクトの「エントリーモデル・スピーカー付き」として発売中の【NW-E052K】からご紹介しましょう。

スピーカー抜きの本体サイズは、幅34.8mm×高さ77.0mm×奥行き9.8mm、重量は約43gです。
【写真】のように、手のひらにすっぽりと入るくらいコンパクトなサイズです。
バッテリーの連続再生時間は、ATRACで約24時間、リニアPCMで約33時間。
充電時間はUSBコネクターからの充電で約2時間、約80%までは約1時間。 メモリーの容量は「2GB」。

【Eシリーズ】にはこのモデル以外に、メモリー容量4GBタイプや、スピーカーの有無も選べます。カラーは「シルバー」「ブラック」「ピンク」「ブルー」の4色を用意。

続いて、付属品のご案内です。

  • ACアダプター
  • USBケーブル
  • オーバル型アタッチメント黒・白
  • アクティブスピーカーキット
  • イヤーピースS・L
  • ヘッドホン

ちょっと分かりにくいですが、【写真左下】のスリムなスタンドにはスピーカーが内蔵されていて、ご家庭のAC100V電源で音楽を聴くことが出来ます。

  • クラス初!WM-PORT搭載
  • それでは聴いてみましょう

最近の携帯音楽プレーヤーは、パソコンとリンクしたり、充電ができるドックとつないだり、はたまたワンタッチで接続できるスピーカーで音楽を鳴らしたり・・・と多彩なことができます。
今までのソニー「ウォークマン」シリーズでも上級モデルの「Sシリーズ」「Aシリーズ」には他のオーディオ関連機器とワンタッチで接続できるように「WM-PORT」という端子が付いていましたが、入門モデル「Eシリーズ」には付いていませんでした。しかし、今回の新製品は【NW-E052K】をはじめとする「Eシリーズ」にも「WM-PORT」を搭載【写真黄枠】。たとえば、自宅で音楽を楽しみ、同時に充電もできるスピーカー【RDP-NW8SK(写真右下)】などとリンクができるようになりました、これでさらに使い勝手が向上しました。

それでは、【NW-E052K】で音楽を聴いてみましょう。
非常に小さく、女性の手の中にもすっぽりと収まるコンパクトサイズ。

注目したいのは美しい液晶画面!1.4型のTFTカラー液晶画面を搭載。160x128ドットで、約26万色の表示が可能です。
また、楽曲の再生に合わせて、歌詞が自動でスクロールで表示される「歌詞ピタ」機能を搭載。歌詞を読みながらアーティストの想いを共感したり、いっしょに歌うこともできます。また、カラオケの練習やちょっと難しい英語の歌を覚えるのにも便利です。※ご注意※歌詞データのダウンロード「歌詞ピタ」は有料です。また、対応していない曲もあります。

  • ユニークで高音質のヘッドホン
  • お好みの音で楽しめる「VPT(サラウンド)」「DSEE(高音域補完)」

さて、携帯型音楽プレーヤーの中でも音質を左右する重要なアイテムがヘッドホンです。その善し悪しで聞こえ方が全く違います。
デジタルオーディオに付属のヘッドホンは使い物にならない!と思っている方も多いと思いますが【NW-E052K】のヘッドホンは、耳の穴に深く差し込んで聴く本格的な「カナル型」です。密閉性が高く、騒音の大きな場所でも細部の音までよく聞こえます。

また、ヘッドホンの音を出す「ドライバー部分」の大きさも音の善し悪しに関係してきます。ドライバーを横に寝かせる【写真左上】ことにより、直径13.5mmの大口径を実現。人気のヘッドホン【MDR-EX300SL】に匹敵する高音質で、音量を絞ってもバランスが崩れず、クリアな音を楽しめるのが特徴です。付属のイヤーピースは大きさがS・M(ヘッドホンにセット済)・Lの3種類付属しているので耳にあった大きさのものに交換してください。ヘッドホンの色は全てのモデルが【写真】のホワイトとなります。

せっかく録音した音楽。同じ聴くなら、臨場感のあふれる音で楽しみたいものです。【NW-E052K】では、音質調整に「VPT(サラウンド)」と「DSEE(高音質補完)」の二つの機能を搭載しています。

【写真左】「VPT(サラウンド)」:音場空間をヘッドホンで擬似的に再現します。曲の内容によって「スタジオ」「ライブ」「クラブ」「アリーナ」「マトリックス」「カラオケ」から選択できます。もちろん、通常の音で再現できる「オフ」もあります。
【写真右】「DSEE(高音域補完)」:圧縮録音では人間の耳の特性に合わせて音の一部を省略、間引いて記録されています。【NW-E052K】では、録音する際に失われた高音域を補完することによって、オリジナルの音源に使い音質で再生できるようになっています。こちらもON/OFF可能。

  • おまかせチャンネルで楽しめます
  • USBケーブルでパソコンにつないでみましょう

最大1,100曲も録音できる【NW-E052K】。アルバムごと、アーティストごと、題名の五十音順といった多彩な検索機能が搭載されています。
そして、さらに「おまかせチャンネル」という機能が搭載されています。
「ウォークマン」にダウンロードされた曲を自動的に10種類の「チャンネル」に分類します。そして、聴きたい「チャンネル」を選べば、その時の状況に応じた曲が楽しめます。「おまかせチャンネル」は下記の通りです。

  • 朝のおすすめ、昼のおすすめ、夕方のおすすめ、夜のおすすめ、深夜のおすすめ:時間によって変わります
  • 全曲シャッフル
  • アクティブ
  • リラックス
  • アップビート
  • メロウ(芳醇な雰囲気という意味)
  • ソファラウンジ
  • エモーショナル
  • ダンスフロア
  • エクストリーム

※ご注意※お客様のイメージと自動分類が一致しない場合もございます。

次に、ウォークマンの底にある「WM-PORT」に付属の「USBケーブル」をつないでパソコンに接続してみましょう。パソコンと組み合わせてより音楽を楽しむためのパソコン用ソフトは、本体メモリーに内蔵。【写真右下】のように、「マイコンピュータ」で【NW- E052K】を選び、セットアップ用のアイコンをクリックするだけでインストールできます。

■パソコンの動作条件について■

  • OS:Windows XP(SP3以降)、Vista(SP1以降)、7、日本語版標準のみ。
  • CPU:Pentium III 500MHz以上(XP)、800MHz以上(Vista)、1GHz以上(7)
  • メモリー:256MB以上(XP)、512MB以上(Vista 但し Home Basic以外は1GB以上推奨)、1GB以上(Windows7 32ビット)、2GB以上(同 64ビット)
  • HDD空容量:600MB以上(1.5GB以上を推奨)の空き容量。バージョンによってはそれ以上使用することがあります。また、音楽のデータを扱うための空き容量がさらに必要です。
  • ちょい聴きmora(モーラ)
  • 「ちょい聴きmora」を試聴してみました

新しい曲、気になる曲は、どんどん録音したいですが、ダウンロードはほとんどが有料なので、結局ダウンロードしたけど聴かなかったと言うのは避けたいですね。そんな方のためにSONYのインターネット音楽配信サイト「mora(モーラ)」には、試聴コーナー「ちょい聴きmora(モーラ)」があります。なんと無料で試聴曲パックをダウンロードできるので、試聴してから購入することが出来ます。【NW-E052K】付属のアプリケーション「X-アプリ」を使うと簡単に「mora(モーラ)」のサイトにアクセスできます。

■「ちょい聴きmora」の使い方■

  1. 「mora(モーラ)」の左側のフレーム「ちょい聴きmora」【赤枠】をクリックします。
  2. 中央部に曲パックが表示されますので、聴いてみたいパックを選びます。
  3. 「機器へ転送」【黄枠】をクリックすると転送が始まります。
    ※ご注意※楽曲の一部のみ試聴できます。また、このサービスを利用するには「mora」に入会する必要があります(無料)。

「ちょい聴きmora」のダウンロードが終わったら、早速試聴してみましょう。

  1. メニュー画面から「ちょい聴きmora」を選び、リストを選択して聴きたい曲を選びます。
  2. すると【写真左】のように、再生が始まります。「ちょい聴きmora」で試聴できるのは3回までです。また、残り再生可能回数とダウンロードをする場合の価格も表示されます。
  3. 気に入ったらダウンロードして下さい。【写真右】のように「購入予約に追加」を選び、パソコン~「mora」に接続してダウンロードができます。

これなら、お金を払ってダウンロードしたにもかかわらず、思っていたものとは違っていてガックリするということもありません。納得して曲をダウンロードできるから安心です。

  • PCソフトを使わずにドラッグ&ドロップで転送可能
  • おうちではスピーカーで楽しめます

今までの携帯型音楽プレーヤーでは、パソコンからプレーヤーへ転送するのに、専用のパソコン接続ソフトを起動させる必要があり、少々複雑に感じた方もおられると思います。

しかし、【WM-E052K】はパソコン内の好きなフォルダに曲のデータを入れて、「ドラッグ&ドロップ」するだけで、転送ができます。
難しい操作方法をイチイチ覚える必要もありません。思ったときにすぐできるのが簡単・便利です。

外ではヘッドホンで聴いている「ウォークマン」。家に帰ってきたら、スピーカーでじっくり音楽を楽しみたいものです。
【WM-E052K】には「アクティブスピーカーキット」が付属。ワンタッチで本体と接続ができます。サイズも幅57mm×高さ47.1mm×奥行き57mm。ためしに職場のデスクに置いてみましたが、かなりコンパクトに収まっています。
ぱっと見るとスピーカーはどこ?と思われますが、【写真右上】のように、本体の底面に付いています。出力は0.5Wでモノラルですが、直径30mmの本格派。もちろん本体の充電もできます。自宅に帰ってきたら、「アクティブスピーカーキット」に接続すれば、夜の間に充電できてしまいます(電源は付属のAC アダプター)。

  • FMチューナー内蔵
  • いたわり充電機能

携帯型音楽プレーヤーを持っていても、FMラジオの放送で音楽を聴くことも結構あろうかと思います。また、同じ曲をずっと聴いていると飽きてくるので、息抜きにラジオを聴くこともあります。音楽チャンネルとしてのFM放送の位置づけはまだまだ高いものがあります。
そこで、【NW-E052K】では「FMチューナー」を内蔵。FM放送を聴くことができます。もちろん放送局はプリセットすることができます。さらに、なんとFM放送を録音することもできます。気になる曲が流れてきたら録音したり、お気に入りの番組をあとから楽しむこともできます。

【NW-E052K】の内蔵バッテリーは「継ぎ足し充電」もできる「リチウムイオン」タイプで、メモリー効果(使用時間が極端に短くなること)も起きにくくなっています。
とはいえ、リチウムイオンにも寿命がありますが、フル充電するよりも、90%程度で充電をストップした方が長持ちします。 そこで、【NW-E052K】には「いたわり充電機能」を搭載。ONにするとバッテリー容量の90%まで充電すると自動的にストップする機能が付いています。バッテリーの劣化を防ぎ、バッテリーの寿命を長持ちさせることが出来ます。(連続再生可能時間は約27時間となります)

  • Sシリーズ・NW-S754K
  • 付属品です

続いて、上位機種の「Sシリーズ」。
メモリ容量が8GBでスピーカー付きの【NW-S754K】をご紹介します。
サイズは、幅42.5mm×高さ94mm×奥行き7.2mm(突起部除く)、重量は約55gと、先ほどの【NW-E052K】に比べ、一回り大きくなります。
連続再生時間は、ATRACで約40時間、リニアPCMで約55時間。
充電時間はUSBコネクターからの満充電で約3時間、80%充電までは約1時間30分。

【Sシリーズ】はメモリー容量で「8GB」「16GB」「32GB」の3種類、スピーカーの有無と、さらにカラーは8色もあり、全40種類ものモデルが用意されています。
後半では、【NW-E052K】との違いを中心にご紹介します。

付属品をご紹介します。基本的には【NW-E052K】と変わりませんが、一番の違いはスピーカーが大きくなったことで、こちらは総合出力が2Wのステレオ再生が可能となります。付属のヘッドホンは同じですがこちらにはノイズキャンセリング機能が搭載されています。

  • ACアダプタ
  • USBケーブル
  • ヘッドホン
  • イヤーピース(S.L)
  • アタッチメント
  • スピーカー
  • 大きな液晶画面
  • デジタルノイズキャンセリング機能搭載

【NW-S754K】の液晶画面は、2.0型のTFTカラー液晶画面を搭載。320×240ドットで、約26万色の表示が可能、画面の大きさは【NW-E052K】の約2倍となります。

歌詞表示も、1行あたりの表示文字数が増えているために改行が少なく、全体の文字数も増えているため【NW- E052K】(写真右)に比べて、読みやすくなっています。画面下側にアーティスト・楽曲も同時に表示してくれます。※ご注意※歌詞の表示は「歌詞ピタ」(有料)に入会の上、ダウンロードする必要があります。 画面が大きいのでビデオや写真の再生も、より表現力豊かな美しい映像で楽しめます。

携帯型音楽プレーヤーは、電車やバス、街の中などアウトドアで使うことがほとんどだと思います。しかし、まわりの騒音が大きくて音楽が聴き取りにくい場合に、その分ボリュームを上げてしまうと、ヘッドホンからの音漏れの原因となり、そばにいる方に迷惑をかけてしまうことがありますし、ご自身も耳を痛める原因となってしまう場合があります。
そこで、【NW-S754K】は「デジタルノイズキャンセリング機能」を搭載。なんと、気になる周囲の騒音を約98.0%カットします。
ノイズを打ち消すためのモードは環境に応じて「電車・バス」「航空機」「室内」の3種類から選べます。※ご注意※ノイズが完全に消え去るわけではありません。

  • ステレオスピーカー付属
  • ポッドキャストにも対応

外出先ではヘッドホンを使って音楽を楽しみますが、ご自宅ではもっと気軽に音楽が楽しめるように、本体と同じ色の専用スピーカーが付属しています。もちろん本体を置くだけのワンタッチ接続。
スピーカーは【写真】のとおり、ステレオタイプで、総合出力も約2.0Wと【NW-E052K】の約4倍の音量が出せます。サイズは幅156mm×高さ 111mm×奥行き42mm、重量は約207g(本体含む)と、机の上に置いても場所を取りません。もちろん、本体の充電も出来ます。

また、ACアダプターを使わずに、ウォークマンの内蔵充電池でスピーカーをならすこともできます。(その場合の出力は200mWとなります)

パソコンやインターネットとの連携もさらに強化されています。
インターネット上では、さまざまな音声ファイル、動画ファイルがRSSを通じて公開されています。【NW-S754K】は「ポッドキャスト」に対応しており、SONYの音楽配信サイト「mora(モーラ)」からファイルがダウンロードできます。
語学番組や対談、メッセージから、音楽まで幅広くお楽しみいただけます。

  1. 左フレームの「ポッドキャスト」(赤枠)をクリックします。
  2. 画面中央のリストからダウンロードをする番組(背景橙色)を選びます。
  3. 左フレーム下の「機器へ転送」(黄枠)をクリックします。
  4. 最新の情報まで更新(ダウンロード)します(緑枠)。
  • フォト/動画再生機能を搭載
  • カラオケや語学学習機能付き

【WM-S754K】は2.0型TFT液晶画面を備えており、「フォト再生機能(静止画)」「動画再生機能」を搭載しています。
パソコンとUSBケーブルでつなぎ、「x-アプリ」を起動して、パソコンから転送したい写真や動画を選んで転送するだけ、転送したお気に入りの写真は画面の「壁紙」としても楽しめます。

※静止画対応ファイル
jpegファイルに限ります。最大画素数4,096×4,096ドットまで対応し、自動的に320×240ドットに縮小して画面表示されます。

※動画対応ファイル
AVC、MPEG-4、wmvに対応:ビットレート 最大6Mps(AVCは10Mbps)、フレーム数 最大30fps、解像度 最大720×480ドット いずれも画面上では320×240ドットに縮小されて再生されます。

【写真左】どこでも手軽に楽しめる「カラオケ」機能を搭載
楽曲のボーカル部分だけを小さくしてどんな曲でも疑似カラオケにする事が可能。「歌詞ピタ」とあわせて使えば、保存してあるお気に入りの曲で手軽にカラオケを楽しめます。また、音程を上下それぞれ6段階まで調整できるキーコントロ-ル機能も装備、カラオケマシンのように自分のキーにあわせて歌えます。さらに、再生スピードを9段階(0.5倍速~2倍速)に調整可能と多彩です。

【写真右】語学学習機能搭載
再生スピードを9段階(0.5倍~2倍速)で調整可能。デジタル処理によりスピードを変えても自然な音程で再生できるので、自分に合った速さでじっくりと確認できます。
A-Bリピート再生機能で、任意の地点(A-B間)を指定しての繰り返し再生が可能。集中して学習したい箇所を繰り返し何度も聞くことで覚えることが出来ます。また、再生中に▲ボタンを押すと、ワンタッチで約3秒再生位置を戻せます、ちょっと聞き逃した場合などに有効です。

■「ウォークマン」のラインナップについて
このほかにもメモリーの容量、スピーカーの有無など多数ラインナップが用意されています。
ご紹介した【NW-E052K】【NW-S754K】もあわせてご検討下さい。

■Eシリーズ・・・液晶画面がTFT 1.4型の入門モデル
全4色:「シルバー」「ブラック」「ピンク」「ブルー」

★ NW-E050シリーズ・・・スピーカーなし

  • 【NW-E052】:メモリー 2GB
  • 【NW-E053】:メモリー 4GB

★ NW-E050Kシリーズ・・・スピーカー付き

  • 【NW-E052K】:メモリー 2GB ←今回レポートした商品
  • 【NW-E053K】:メモリー 4GB

■Sシリーズ・・・液晶画面がTFT2.0型の中級モデル
全8色:「ホワイト」「ライトピンク」「ブルー」「ブラック」「バイオレット」「ビビッドピンク」「ゴールド」「グリーン」

★ NW-S750シリーズ・・・スピーカーなし

  • 【NW-S754】:メモリー 8GB
  • 【NW-S755】:メモリー 16GB
  • 【NW-S756】:メモリー 32GB

★ NW-S750Kシリーズ・・・スピーカー付き

  • 【NW-S754K】:メモリー 8GB ←今回レポートした商品
  • 【NW-S755K】:メモリー 16GB
    32GBモデルはありません。

今回は携帯音楽プレーヤー ソニー【NW-E052K】、【NW-S754K】をご紹介しました。
携帯音楽プレーヤーの世界も、まだまだ進歩しているんですね!より使いやすく便利な機能が備わっています。大容量のメモリーを搭載してより多くの曲を保存可能。さらに、高音質、高品質にもこだわりが感じられます。
接続するアプリ側の使い勝手も向上していますし、便利で親切に進化していました。

携帯用音楽プレーヤーを初めて使われる方から、ヘビーユーザーの方まで広く【NW-E052K】【NW-S754K】をおすすめします。

もっと詳しく

PAGE TOP

about
上新電機/oga. 家電専門店ジョーシンでは、話題の商品の試用レポートを多数公開中。スタッフが実際に入荷してきた商品をじかに触ってレポートする、鮮度の高い情報です。ご購入検討時の参考にはもちろん、読み物としてもお楽しみ下さい。
Voice Index
フローズンフルーツメーカー ミュミュ EB-RMFD2
高圧洗浄機 「ベランダクリーナー」(1601443)
シービージャパン ノンオイルフライヤー TOM-01-BK
真空ジュースミキサー TMV1000
DCモーター搭載 マイコン式タワー扇 F-S1XJ