1. EEIE HOME
  2. VOICE
  3. Joshinの試用レポート ~KADEN expert VOICE~
  4. BUFFALO  録画機能搭載 地上デジタルチューナー DTV-H500R

VOICE

Joshinの試用レポート ~KADEN expert VOICE~

11.01.12

BUFFALO  録画機能搭載 地上デジタルチューナー DTV-H500R

話題の商品を Joshin web スタッフが実際に使ってみて、その特長をお伝えする「試用レポート」。

いよいよ地上波デジタル放送への完全移行が2011年7月に迫り、新しくテレビを買い換えるべきか、録画はどうすればよいのかとお悩みの方もおられると思います。
そこで、今回は手頃な価格ながら「地上デジタル放送」の視聴はもちろん、ハードディスク内蔵で録画も出来る地上波デジタルチューナー、バッファロー【DTV-H500R】をご紹介します。

★ バッファロー DTV-H500Rのここが凄い!! ★

  • アナログテレビでも、地上デジタル放送の視聴が可能!地上デジタルテレビに買い換えても、地デジレコーダーとして引き続き使うことができる。
  • ブルーレイレコーダーはまだ高くて手が出ないけど、「見たら消す」という使い方のシンプルな地デジレコーダーをお探しの方にもピッタリ。
  • 本体は、幅200mm×高さ30mm×奥行150mmのコンパクトサイズながら、500GBハードディスク内蔵。最大約80時間の録画ができる!!
  • 内蔵HDDの容量が少なくなってきたら、USBケーブル一本で外付HDDが増設できる!残り容量で悩まなくてもHDDをどんどん差し替えればOK!
  • HDMI端子搭載で、地上デジタル放送を視聴する時はもちろん、録画した番組を再生する際にもハイビジョンの高画質が楽しめる。
  • 付属品です
  • 前面と背面

上段左から、「B-CASカード」「取扱説明書」。下段左から、「本体」「ビデオ・オーディオケーブル」「リモコン」「単4乾電池」「ACアダプター」です。

本体の大きさは 幅200mm×高さ30mm×奥行150mmで、重量は約560gです。 ハードディスクの容量は500GBで、最大約80時間の録画ができます。
※BSデジタル放送のチューナーは内蔵されていません

【写真上】前面:左から電源ボタン、チャンネル切替スイッチ、再生/一時停止ボタン、停止ボタン、録画ボタン、HDDお知らせランプが並んでいます。

【写真下】背面:左からDCジャック、HDMI出力端子、コンポジットビデオ出力端子、ステレオ音声出力端子、USBポート(追加HDD用)、アンテナ入力端子、アンテナ出力端子が並んでいます。

  • アナログテレビでデジタル放送が見られます
  • アナログテレビと接続しましょう

「地上アナログ放送」を見ると、画面の上下に黒い帯が入って下には「ご覧のアナログ放送は2011年7月に終了し、見ることができなくなります。」とアナウンスが流れています。このままではいずれアナログテレビが映らなくなってしまいます!!

地上デジタル放送対応のテレビを買えば手っとり早いのですが、寝室や子供部屋といった2台目・3台目のテレビまで買い換えるのは大変ですね。しかもまだ映っているテレビを捨てるのはもったいないし、エコとは言えません。

そこで、今回はまだ使える「アナログテレビ」に【DTV-H500R】をつないで、「地上デジタル放送」を見る方法をご紹介します。

※アンテナがデジタル放送に対応している必要があります。
※パススルー方式を採用したCATV(ケーブルテレビ)の地デジ放送にも対応。

それでは、アナログテレビで地上デジタル放送を見る為の準備に取りかかりましょう。

  1. まずは、同梱の「B-CASカード」を本体に差し込みます。
  2. 今までテレビに差し込まれていたアンテナケーブルを【DTV-H500R】の「アンテナから入力」と書いてある端子に差し込みます。
    ※ご注意:ケーブルによっては直接差し込めない場合がございます。その場合は別途、対応する同軸ケーブル、端子などをご用意下さい。
  3. 本体の「映像・音声出力」に付属のビデオ/オーディオケーブルを差し込みます。黄/白/赤の色を間違えないように気をつけて下さい。
  4. 先ほどのケーブルをテレビの入力端子に差し込みます。
  • チャンネル設定をします
  • めでたく「地デジ放送」が映りました
  1. テレビの入力切替を行い、チューナーの画像が写るようにします。【写真】はチャンネル設定のトップページです。
  2. テレビの種類を選びます。今回は、画面サイズが16:9の「アナログテレビ」なので該当の部分を選びます。
  3. お住まいの地域を選びます。弊社事務局は大阪にありますので、「大阪府」を選びました。
  4. 自動的にチャンネル設定を行います。2~3分程度でチャンネル設定は終わります。

箱を開けてから約10分。あっという間に2011年7月以降、そのままでは使い物にならなくなるはずだった「地上デジタル非対応のテレビ」で「地上デジタル放送」が映るようになりました。

画質は今まで通りのアナログ画質のままで、ハイビジョン画質ではありませんが、14~16型といった小型のテレビであれば、まだまだ使えるのではないでしょうか。
また、アナログ画質と同じ解像度でも、元の放送がデジタルだけ有って、ゴーストなどは一切発生しませんし、映像の輪郭などもしっかりと表現されているので、画質が改善されたというご意見も多くあります。

  • もちろん番組表にも対応しています
  • 録画してみましょう

リモコンの「番組表」ボタンを押すだけで、【写真】の通り、地上デジタル放送の番組表が表示され、8日分の内容を閲覧することができます。 いちいち新聞や雑誌の「テレビ欄」を確認しなくても番組の予定がわかるので一度使うと手放せなくなります。

※番組表の受信には数時間かかりますので、接続直後は全ての番組を表示することは出来ません。

まずは、「今見ている番組を録画する」場合です。

  1. 【写真赤枠】リモコンの「録画ボタン」を押すと録画が始まります。
  2. 【写真白枠】「停止ボタン」を押すと録画が止まります。

おもしろそうな番組を今すぐ録画したいと思ったら、ボタン操作一つでワンタッチ録画ができるのは便利な機能です。

※ご注意※録画は地上デジタル放送そのままの画質です。長時間録画モードなどの設定はありません。

  • 録画予約にも対応しています
  • 時間が来ると・・・

【DTV-H500R】は番組表を使った録画予約に対応しています。番組表を使うため特番や延長にも対応した録画が出来ます。(タイトルが変更された場合は録画できない場合があります)

  1. リモコンの「番組表」ボタンを押します。
  2. 番組表が表示されます。8日分の番組が表示できます。
  3. リモコンの「矢印キー」で録りたい番組のところへカーソルを動かして「決定」を押すと番組の詳細が表示されます。
  4. 内容を確認して、それでよければ再度「決定」ボタンを押すと録画予約されます。

いちいち新聞やTV雑誌のテレビ欄を見なくても画面上で分かるので便利です。

録画予約の時間が来ると・・・自動的に録画が始まります。
もちろん、テレビの電源はOFFにしていても、録画ができますのでご安心下さい。
ハードディスクの容量は500GBで、約80時間録画ができます。見たい番組をどんどん録画して下さい。

本体前面のハードディスク残量ランプの色でおよその空き容量を確認することができます。「緑」50%以上、「橙」50%未満、「赤」10%未満
知らない間にハードディスクの残り容量がなくなっていて録画できなかったという事を未然に防げます。

※ご注意※シングルチューナーなので録画中に裏番組を見ることはできません。また、タイムシフト(追っかけ再生)もできません。

  • 再生してみましょう
  • 消去しましょう

それでは、録画した番組を再生してみましょう。

  1. リモコンの「録画番組一覧」(黄枠)を押します。
  2. 録画済みの番組が表示されます。
  3. 「▲/▼」ボタンで再生したい番組を選びます。「再生」ボタン(緑枠)を押すとその番組の最初から、「決定」ボタン(黄枠)を押すと、直前に見ていたところから再生が始まります。
  4. 録画していた番組が再生されます。
    読み込みの速いハードディスクに録画しているので、ボタンを押したと同時に再生が始まります。

今度は、すでに見た番組を消去してみることにします。

  1. リモコンの「録画番組一覧」(黄枠)を押します。
  2. 番組リストが出てきますので、リモコンの「▲/▼」ボタンで消去したい番組を選びます。
  3. リモコンの「消去」ボタン(黄枠)を押します。このあと「消去しますか?」と確認表示が出ますので、「はい」「いいえ」を選んで下さい。「はい」を選ぶと消去されます。
  4. 録画した番組が消去されました。
    ※ご注意※一度消去した番組は元には戻せません。
  • ハードディスクの増設ができます
  • さっそく増設設定してみましょう

【DTV-H500R】はUSB接続外付けハードディスクを1台増設することができます。追加のHDD容量は最大2TBまで対応。
今回は、1TBの【HD-AV1.0TU2】を接続してみます【写真上】。これで合計なんと最大240時間のデジタル放送が録画出来るようになります。
【DTV-H500R】に内蔵のハードディスクの残量が少なくなってきた時、あるいはご家族でハードディスクを使い分けたいときなどに役に立ちます。

※ご注意※録画動作が確認されているHDDにつきましてはバッファローホームページでご確認下さい。

それでは、USB-HDDを増設接続してみましょう。

  1. チューナー側の「USB端子」にUSBケーブルを接続します。
  2. ハードディスク側の「USB端子」にUSBケーブルを接続します。
  3. 接続したハードディスクの初期設定を行います。
  4. ハードディスクを初期化します。初期化が終わったら録画ができるようになります。
  • 接続できました
  • HDMI端子でテレビに接続できます

本体の「外付」ランプが緑色に点灯したら接続は完了です。 あっという間に増設したハードディスク【HD-AV1.0TU2】で録画ができるようになりました。
増設したハードディスクに番組を録画するほかにも、本体【DTV-500R】に録画した番組を増設したハードディスクに「ムーブ」(移動)することもできます。【DTV-500R】のハードディスク残量が少なくなってきた場合などに役立ちます。

【DTV-H500R】は地上デジタル放送をハイビジョン画質のまま録画できます。 【写真左上】のように、「HDMI出力端子」が付いていますので、「HDMI入力端子」が付いたテレビに別売の「HDMIケーブル」で接続すると、【DTV-H500R】に録画した番組をハイビジョン画質で再生することができます。

また、将来、地上デジタル対応のテレビに買い換えた場合も、録画機として引き続きお使いいただけます。

今回ご紹介した【DTV-H500R】は、比較的お手頃な価格でアナログテレビでも地上波デジタル放送が映り、おまけにハイビジョン画質で録画ができるということで、非常に費用対効果の高い製品ではないかと思われます。

単機能の地デジチューナーだと、いずれすべてのアナログテレビを地デジに買い替えた後で使い道がなくなってしまいますが、 【DTV-H500R】であればHDDの増設も可能な使い勝手のよい地デジレコーダーとして末長くご愛用頂けます。

またテレビ以外にも、お使いのパソコンモニターに「HDMI端子」が装備されていればHDMIケーブル(別売)で接続してハイビジョンを楽しむ事が出来ますのでご確認ください。

すでにシングルチューナータイプのブルーレイ/DVDレコーダーをお持ちの方にも、2つの番組が同時録画できるようになる裏番組録画専用セカンドレコーダーとしてお勧めです。

もっと詳しく

PAGE TOP

about
上新電機/oga. 家電専門店ジョーシンでは、話題の商品の試用レポートを多数公開中。スタッフが実際に入荷してきた商品をじかに触ってレポートする、鮮度の高い情報です。ご購入検討時の参考にはもちろん、読み物としてもお楽しみ下さい。
Voice Index
フローズンフルーツメーカー ミュミュ EB-RMFD2
高圧洗浄機 「ベランダクリーナー」(1601443)
シービージャパン ノンオイルフライヤー TOM-01-BK
真空ジュースミキサー TMV1000
DCモーター搭載 マイコン式タワー扇 F-S1XJ