1. EEIE HOME
  2. VOICE
  3. Joshinの試用レポート ~KADEN expert VOICE~
  4. TOSHIBA dynabook Qosmio DX 「PQDX98MRF」 (Office H&B搭載)【TVモデル】

VOICE

Joshinの試用レポート ~KADEN expert VOICE~

10.09.22

TOSHIBA dynabook Qosmio DX 「PQDX98MRF」 (Office H&B搭載)【TVモデル】

弊社の担当者が実際に商品を使ってみる「試用レポート」。今回は、東芝 2010夏モデル「PQDX98MRF」を試用してみました。

一見するとパーソナルテレビかPC用ディスプレイにしか見えないスリムなボディに高性能CPUや大容量メモリを搭載。本製品は、液晶一体型のデスクトップですが、液晶テレビ「レグザ」の洗練されたデザインや東芝が25年つちかってきたノートパソコンのノウハウが惜しみなく投入されています。

地デジチューナー搭載、ブルーレイの録画再生に対応。また「ハンド・ジェスチャ・リモコン」というユニークな機能まで搭載したオールインワンPCです。

★ 東芝 dynabook Qosmio 「PQDX98MRF」のおすすめポイント ★

  • 21.5型でフルハイビジョン(1,920×1,080)対応の16:9ワイドディスプレイ
  • 場所をとらない一体形のスリムボディとワイヤレスのキーボード&マウス
  • フルHD解像度の高画質で地デジやブルーレイソフトが見られます
  • 東芝の独自技術「SpursEngine」とユニークな「ハンド・ジェスチャ・リモコン」搭載
  • 「Core-i5」CPUと「4GBメモリ」の高性能を誇るスペックを搭載
  • 「Windows7 Home Premium」の32bit/64bitが簡単に選べるセレクタブルOS搭載
  • 音質にもこだわった、オンキヨー製高音質スピーカー搭載
  • まずは全体から
  • スリムなボディに凝縮されたメカニズム

まずは、全体から見てみましょう。

本体のサイズは、幅531mm、奥行190mm、高さ405mm。21.5型ワイドの画面サイズで、重量は8.5kgとなっています。

ワイヤレスの「キーボード」「マウス」「リモコン」と説明書が付属しています。洗練されたシルエットと高い質感を誇るマテリアル、液晶テレビ「レグザ」から受け継いだ美しいシルエットはインテリアにもしっくりとなじみます。

通常の液晶テレビではこのサイズ(22インチ前後)はフルスペックハイビジョンではなく、ワイド XGA(1366x768)が多いため、このサイズでフルHD解像度のブルーレイソフトが見られるのは値打ちがあります。東芝の液晶テレビで評価の高い「超解像度技術」も搭載されているので、お持ちのDVDなどを、超解像処理した高精細映像で再生。ハイビジョンの美しさで楽しめます。昔撮ったビデオや、ネット動画も綺麗な画質でよみがえります。

ところで、パソコンに不可欠なCPUやハードディスクはどこでしょう?

写真右上のようにディスプレイの後ろ側にメモリやマザーボード、ハードディスクなどパソコンの重要な部分が凝縮されています。それでいて、「PQDX98XRF」の本体の薄さはなんと190mmで、通常のディスプレイとあまり変わりません。CPUやチップセット、メモリなどに、ノートPC用のパーツを使用することでこの薄型を実現。同時に省電力化にも貢献しています。

また、本体の背面には写真右中のとおり、D4端子、ブルーレイプレーヤーなどからハイビジョン映像がデジタル接続できるHDMI端子、そして、写真右下でわかるように、USB端子、LAN端子、アンテナ端子が付いています。

本体の側面にはSDカードやメモリースティックといったカード類のスロットがあり、たとえばデジカメで撮影した画像をすぐに大画面で楽しむこともできます。周辺機器を接続するUSB端子は合計で6ヶあり、いろいろなものをつないでも余裕の装備です。

  • パソコン回りがスッキリ。ワイヤレスキーボード・マウス
  • ハンド・ジェスチャ・リモコン搭載

キーボードやマウスは通常、パソコンにコードで接続されています。さらに、プリンターやインターネットのターミナルといった周辺機器を接続するとパソコンの回りがすごく雑然としてきます。コード類が増えてくると掃除も大変です。コード類は極力少なくしたいと誰もが望んでいるのではないでしょうか。

「PQDX98MRF」では、キーボードやマウスはワイヤレスとなっており、パソコンの回りが非常にスッキリしました。動作範囲は本体から3m以内。これなら、コードを気にせずにマウスやキーボードを使えます。

さらに最新の高速光インターネットに適応した「IEEE802.11n」に対応しており、ワイヤレス環境を整えればLANケーブルも不要です。

なにやらパソコンに向かって手を振っていますが・・・。

実は、パソコンに向かって手を振ると、CD、DVDソフトなどの再生・停止の操作やインストールしたソフトの起動までできる「ハンド・ジェスチャ・リモコン」が搭載されています。ディスプレイ上部にWebカメラが搭載されており、手の動きを認識してソフトなどが動作します。

実際にCDソフトを再生・停止させてみましたが、反応もよく、手を振っているのに動作しないといった問題はなく、ちゃんと実用的に使う事が出来ました。すこし離れた所からも操作できますし、手が濡れていても操作ができるのはなかなか便利です。

  • ブルーレイもフルハイビジョンで見られます
  • 地デジが見られて、録画もできます

映画、アニメ、スポーツなど多彩な商品が発売、レンタルも盛んになっているブルーレイソフト。右側面のトレイにソフトを入れれば(写真右下)再生ができます。

パソコンで映像ソフトを再生するときは、普通はマウスで画面を操作する必要がありますが、この「PQDX98XRF」では、早送り、巻き戻し、停止、再生といった一連の操作が付属のワイヤレスリモコンで可能。

テレビやレコーダーといったAV機器と全く同じ感覚で操作でき、ボタンを押したときのタイムラグもなく、気持ちよく快適に視聴することができます。もちろん、「ハンド・ジェスチャ・リモコン」にも対応しています。

地上デジタル放送のチューナーも搭載。アンテナ線をつなげば地デジ放送が楽しめます(写真左上)。

もちろんハードディスクに録画することもできます。「録るナビ」という東芝独自のソフトで、録画したい時間、チャンネルなどを入力すると予約録画ができます(写真左下)。もちろん電子番組表EPGからも番組予約ができます。

今見ている番組も画面上の「録画アイコン」(写真右下)を押せば、すぐに録画がスタート。操作性もハードディスクレコーダーと全く変わりません。

ハードディスクの容量は「1TB」。地デジハイビジョンTV放送を8倍モードで最長約1,048時間録画することができます。これなら、ハードディスクレコーダーと全く遜色がありません。

  • ハードディスクからブルーレイディスクへもダビングOK
  • 高機能を支える高性能CPU・メモリ・エンジン

ハードディスクに録画したTV番組や、ビデオカメラで撮影した動画もパソコン上で編集して、ブルーレイディスクにダビングできます。

通常モードなら1枚のブルーレイディスクに約6時間しか録画できない地デジのハイビジョン番組もハイビジョンのまま、約18時間も記録できます。好きなドラマも1クール丸ごと1枚のブルーレイディスクにダビングできます。

また、HDカメラで撮影した映像をブルーレイディスクに高速ダビングできます。もちろん、編集した画像や動画をインターネットにアップロードしたり、知り合いにメールすることも楽しめます。

これだけの高機能を備えているのですから、撮影した動画の編集などCPUに負荷がかかるようなことをするとパソコンの動作がストップしたり、ダビングエラーが起きてしまっては困りものです。

「PQDX98MRF」では、高性能のCore i5 CPU、さらに4GBのメモリに加え、動画を処理するための「SpuesEngine(スパーズエンジン)」という動画処理用のソフトも搭載。動画編集はもちろん、「Word」「Excel」といった日常よく使うソフトも素早く動作し、イライラ感はありません。

  • Microsoft? Office Home and Business 2010
  • オンキヨー製・高音質スピーカー搭載

スリムなボディに「地上デジタルチューナー」「ブルーレイレコーダー」「動画編集機能」といった高機能を搭載。

さらに「PQDX98MRF」には「Word」「Excel」といったパソコンの世界では幅広く使われていて必需品とも言える「Microsoft? Office Home and Business 2010」が搭載されています。

その他にも、Windows7やWord、Excel、各種Q&Aのお助け機能「動画で学ぶシリーズ」が搭載されていて困ったときに役立ちます。遊びにも仕事でも使えるパソコンとしての使い勝手のよさにも抜かりはありません。

TVやブルーレイディスクを見るとき、パソコンの音質は貧弱ではないの?と思われがちですが、「PQDX98MRF」では、オーディオメーカーとして有名な「オンキヨー」製のスピーカーを搭載しています。さらに「ドルビーアドバンスドオーディオ」「MaxxAudio」搭載で、リアリティあふれる高音質を楽しめます。

試しに、ブルーレイソフトを再生してみましたが、パソコンにありがちな「こもった音」ではなく、音の抜けが非常によく躍動感のあるサウンドだと感じました。下手な外付けのアクティブスピーカーなどは不要で、内蔵スピーカーでも充分に映画やブルーレイソフトを楽しむことができます。

「PQDX98MRF」を使ってみましたが・・・

  • 質感が高くスッキリとした外観と充実したAV機能「ハードディスクレコーダー」「ブルーレイディスクプレーヤー」「地上デジタル対応テレビ」とパソコンというよりも「AV機器」のように見える
  • 「ワイヤレスキーボード・マウス」「AV用のワイヤレスリモコン」「ハンド・ジェスチャ・リモコン」と操作しやすい工夫が随所に見られる
  • 多機能パソコンにありがちな、「ソフトだけ充実していて基本性能がよくない」ということがなく、高性能なCPU、大容量メモリ、高速エンジンを搭載しているので動作速度は速く、パソコンとしての基本性能が大変優れている
  • パソコンとAV機器が融合したスタイルなので、動画の編集からインターネットへのアップロードや知り合いにメールといったことも簡単にできるのが便利

ということを感じました。

2011年には地上デジタル放送に完全に移行しますが、「PQDX98MRF」はハードディスクにも録画でき、ブルーレイディスクにダビングもできるので、「個人用テレビ」や「2台目のテレビ」としても充分使えます。また、「多くの機器を置く場所がないので、パソコン、テレビ、レコーダーが一体になったものがあればよい」という方に最適ではないでしょうか。

「高いインテリア性」「省スペース」「高機能のパソコン」「地デジが見られる」「レコーダー機能」「動画編集機能」「しかも使いやすい」等々、高い要求にこたえてくれるパソコンを探しておられる方におすすめいたします。

もっと詳しく

PAGE TOP

about
上新電機/oga. 家電専門店ジョーシンでは、話題の商品の試用レポートを多数公開中。スタッフが実際に入荷してきた商品をじかに触ってレポートする、鮮度の高い情報です。ご購入検討時の参考にはもちろん、読み物としてもお楽しみ下さい。
Voice Index
フローズンフルーツメーカー ミュミュ EB-RMFD2
高圧洗浄機 「ベランダクリーナー」(1601443)
シービージャパン ノンオイルフライヤー TOM-01-BK
真空ジュースミキサー TMV1000
DCモーター搭載 マイコン式タワー扇 F-S1XJ