1. EEIE HOME
  2. VOICE
  3. Joshinの試用レポート ~KADEN expert VOICE~
  4. SHARP インテリアホン JD-4C1CL

VOICE

Joshinの試用レポート ~KADEN expert VOICE~

10.09.08

SHARP インテリアホン JD-4C1CL

話題の商品を Joshin web スタッフが実際に使ってみて、その特長をお伝えする「試用レポート」。

今回はシャープのインテリアホン【JD-4C1CL】を取り上げてみました。
携帯電話の普及により固定電話は一時ほど使われなくなってきましたが、やはり生活には欠かせないもの。おうちのリビングにマッチするよう、スタイリッシュなデザインを採用し、操作もカンタンになりました。あらかじめ本体に登録しておけば、写真をタッチするだけで電話ができる「フォト電話帳」を搭載。

また、人気の「デジタルフォトフレーム」にもなるすぐれものです。もちろん留守番電話機能付きです。さっそく使ってみることにしましょう。

★ シャープ インテリアホン JD-4C1CLのおすすめポイント ★

  • タッチパネルの相手の顔写真にタッチして電話がかけられる「フォト電話帳」
  • 本体に美しい4.3型カラー液晶を搭載し、写真を「フォトスライド機能」で楽しめます。
  • 携帯電話やデジタルカメラの写真を対応のメモリーカードを介して表示したり取り込めます。
  • カウントタイマーやキッチンタイマー、カレンダーなどの機能を搭載
  • スタイリッシュなデザインを採用
  • 各種接続をしましょう

まずは、本体と付属品を見てみましょう。 通話はコードレス子機のみで行うタイプです。子機のサイズは幅48mm×奥行16mm×高さ162mmと非常にスリムでコンパクトです。また、重量はバッテリー込みで112g。比較のためにペットボトルを横に置いてみましたが、薄くて軽いのが特徴です。ちなみに、子機はフル充電で最長5時間通話できるようになっています。通話しないときは本体の充電部に置いて充電します。

それでは、まず、各種接続を行いましょう。

  1. 子機に付属のバッテリーをセットします(写真左上)
  2. 本体と壁のモジュラージャックを電話線で接続します(写真右上)
  3. 会話中のノイズを防止するため、付属のフェライトコアをACアダプターの電源ケーブルに巻き付けます。(写真左下)
  4. ACアダプターをコンセントに差し込み準備完了です(写真右下)

※初めて使うときは約10時間の充電が必要です。

  • 基本設定をしましょう
  • 「フォト電話帳」に登録してみます

次に、基本設定をしましょう。

  1. タッチパネルの動作確認と設定をします(写真上)
  2. 年・月・日・時刻の入力をします(写真下)

ここまで約5分。初期設定は面倒なものですが、回線の設定(プッシュ・ダイヤル)など細かい作業は全て自動で行ってくれるので、手間はかかりません。
基本的な設定はこれで完了、通常の送受信が出来るようになりました。

この【JD-4C1-CL】には「フォト電話帳」という機能が搭載されています。あらかじめ相手の写真、名前、電話番号を登録しておくと、画面の写真にワンタッチするだけで電話が掛けられます。最大100人分の番号を登録できます。 これから実際に「ぱんだ」という名前で登録してみましょう。

  1. 本体の「電話」アイコンをタッチします(写真上)
  2. 登録したい場所のアイコンをタッチして下さい(写真左下)
  3. 行でグループ分けするために頭文字の行(あかさたな・・・)を指定します「ぱんだ」と登録したいので「は行」を指定します。(写真右下)
  • 「フォト電話帳」登録の続きです
  • 「フォト電話帳」を使って電話してみましょう

続きです。

  1. 「は行」ページの指定する場所のアイコンををタッチします(写真左上)
  2. フォト電話帳に使う「イラスト/写真」のアイコンにタッチします(写真右上)
    もちろん、写真/イラストは後から設定する事もできます。
  3. 本体に登録済みの画像か、自分でメモリーカードに用意した画像を使う事が出来ます。表示された写真からお好きな写真を選んでタッチすればOK。(写真左下)
  4. あとは「名前」「ふりがな」「電話番号」を入力して「電話帳登録」をタッチすれば登録完了です(写真右下)
    名前の欄には全角10文字(漢/かナ/英数)が登録できます。

では、実際に「ぱんだ」に電話をしてみましょう。

  1. 本体の電話帳から「ぱんだ」を選んで写真にタッチ(写真右)
  2. あとは子機の「通話ボタン」(写真○)を押すだけ

非常に簡単、これだけで電話がかけられます! 写真をタッチして電話する事が出来るのは、なかなか画期的に便利です!!
これなら、誰でも間違いなくワンタッチで電話ができます。小さいお子さんがおじいちゃんやおばあちゃんの所へ電話したり、おじいちゃんがお孫さんの所へ電話するときも「写真を見て」判断出来るので間違えることも少なく安心です。
また、NTTの「ナンバーディスプレイ」を契約(有料)すれば、着信番号がわかり、「フォト電話帳」に登録の写真を表示してくれるので、誰からかかってきたのか一目瞭然で分かります。

  • 4.3型液晶モニターでフォトフレームとしても
  • 多彩なディスプレイ表示

さて、【JD-4C1CL】には電話機としては大型の4.3型液晶モニターが搭載されていますが、電話するためだけのものではありません。

内蔵メモリーに登録した写真や、本体背面に「メモリーカード(SDカードまたはメモリースティック)」を差し込めば(写真中上)、たちまち「フォトフレーム」になります。
デジカメで撮った写真をちょっと見たいというときでも、パソコンを起動させる必要もありません。もちろん、スライドショーも楽しめます(写真右上)。
また、メモリーカードから本体の内蔵メモリー(容量:64MB)のへのコピーも出来るのでお気に入り写真集を作成していつでも見られるようにしておくと良いのではないでしょうか。

この【JD-4C1CL】には多彩なディスプレイ表示機能が搭載されています。

  • 通常モード(写真左上):全画面写真と時計、機能アイコンを表示。
  • キッチンタイマー(写真右上):設定した時間が経過すると「ピピッ」とアラームが鳴ります。最長12分50秒まで10秒刻みで設定できます。
  • カウントダウンタイマー(写真左下):記念日を設定すると、その日まであと○日と表示されます。たとえば、8月2日に記念日を「12月31日」にすると「あと151日」と表示されます。
  • カレンダー(写真右下):お気に入りの写真+カレンダーを同時に表示(2種類)。
  • その他の表示機能:写真+時計(2種類)、デジタル時計(3種類)、アナログ時計(2種類)、カレンダー(2種類)もあります。

自宅用の「電話機」というと、今まではあまり飾り気がなく、電話がかかってくると「ピコピコ」と呼び出し音が鳴るといった実用本位なものがほとんどでした。
固定電話機は携帯電話の普及により使用することが少なくなってきましたが、いざというときには必要なものなので、リビングなど結構重要な場所に置いてあるご家庭が多いと思われます。それならば電話機のスタイルをおしゃれにして電話以外でも使ってもらおうというのはなかなかおもしろいアイデアであると感じました。
デジタルフォトフレームに早変わりする機能は、お気に入りの写真をちょっと見たいときには非常に便利な機能であると思います。
また、本機に搭載されている機能では「フォト電話帳」が、非常に便利で、かつ安全な機能だと思いました。写真を見てタッチするという機能は直感的な操作で電話が出来る利便性だけでなく、安全面でも大変有効な機能であると思います。これなら、小さなお子さんでも電話をする事が出来るのではないでしょうか。(誤動作防止のキーロック機能付き)
家の電話機がちょっと古くなってきて買い替えを検討している方や、インテリアにこだわる方におすすめです。

◆【JD-4C1CL】は今回ご紹介した「ブラウン」(黒に近い濃い茶色)の他に、「ホワイト」「レッド」もございます。
◆子機が2台付属した【JD-4C1CW】も同様に3色用意されています。
◆子機は付属の子機と合わせて最大4台まで増設可能※ご注意:同梱子機と同タイプの増設子機は用意されておりません。
◆ナンバー・ディスプレイ、ネーム・ディスプレイ、キャッチホン・ディスプレイ対応(いずれもNTTへの申込が必要・有料です)

もっと詳しく

PAGE TOP

about
上新電機/oga. 家電専門店ジョーシンでは、話題の商品の試用レポートを多数公開中。スタッフが実際に入荷してきた商品をじかに触ってレポートする、鮮度の高い情報です。ご購入検討時の参考にはもちろん、読み物としてもお楽しみ下さい。
Voice Index
フローズンフルーツメーカー ミュミュ EB-RMFD2
高圧洗浄機 「ベランダクリーナー」(1601443)
シービージャパン ノンオイルフライヤー TOM-01-BK
真空ジュースミキサー TMV1000
DCモーター搭載 マイコン式タワー扇 F-S1XJ