1. EEIE HOME
  2. VOICE
  3. Joshinの試用レポート ~KADEN expert VOICE~
  4. HITACHI 過熱水蒸気オーブンレンジ MRO-GV300 焼き蒸しふた調理 ヘルシーシェフ

VOICE

Joshinの試用レポート ~KADEN expert VOICE~

10.06.30

HITACHI 過熱水蒸気オーブンレンジ MRO-GV300 焼き蒸しふた調理 ヘルシーシェフ

トリプル重量センサーを搭載し、食品の重量にあわせて最適な加熱をしてくれる日立のオーブンレンジヘルシーシェフ。2010年度モデルでは新たに「焼き蒸しふた」を採用し、ギョウザもオートでおいしく焼ける点に注目です。

また、従来機種から搭載されていた「はかって両面グリル皿」を新改良! 脚の高さを調節することで、よりヒーター部に近い位置で食品を焼き上げることができるようになりました。実際に調理して、新機能の魅力にせまります。

★ 「日立 過熱水蒸気オーブンレンジ MRO-GV300」のおすすめポイント ★

  • あたため、定番料理からスイーツ、本格調理まで405レシピ、302オートメニュー搭載! メニューを探しやすく、見やすくなった液晶画面
  • 新採用された過熱水蒸気方式の「焼き蒸しふた」調理搭載で水加減、火加減の難しい、ジューシー・パリパリのギョウザが簡単に焼ける
  • 下からのマイクロ波と、新設計1300W「上面グリルヒーター」との組み合わせにより、調理がはやい「大火力グリル」を採用
  • 2品同時に調理! オーブンとレンジの2段調理で調理の時間も手間も大幅にカット!
  • メニューに応じて庫内グリルの脚の高さが変えられる「はかって両面グリル皿」
  • 「ecoモード」を搭載し、省エネ性も向上しています。
  • シャンパンカラーのボディがスタイリッシュ。
  • 操作部分が見やすくなりました

今回使用したのは日立の2010年度モデル最高機種のMRO-GV300-N。前機種MRO-FV300では本体上部に調理小物等が置ける「クリスタルテーブル」が設置されていましたが、GV300ではなくなっています。その分本体の寸法が小さくなり、しかも本体上部より10cmのスペースさえあれば設置できる「左右・背面壁ピッタリ設置」となっているので、設置性が高くなっています

また、操作部も一新、大量のメニューの中から、ジャンル・オートメニューをダイヤル操作で効率よく選ぶ事が出来ます!! メニュー画面はLEDホワイトバックライト液晶を引き続き採用しているので、年配の方にも見やすくなっています。使用する付属品がわかりやすくイラスト付きで表示されているところや、音声ガイドなど、操作性に気を配っており使いやすい印象をうけました。

◆15のオートジャンルと「わがや流」メニューを搭載
「あたためコース」「下ごしらえ」「大火力グリル」「焼き物」「焼き野菜」「焼き蒸し」「蒸し物」「煮物」「自家製食品」「朝食セット・炊飯」「オーブンとレンジの2段」「2品同時オーブン」「パン・ピザ」「スイーツ」「ヘルシーセレクト」という15のオートジャンルを用意。

◆302のオートメニュー! 405のレシピを搭載
オートジャンルの中から302のオートメニューを選ぶことができます。「ハンバーグ」や「鶏のハーブ焼き」など加熱水蒸気を使ったヘルシーメニューから、「ブラウニー」や「やわらかプリン」などの「スイーツ」、「ステーキ」や「さけのちゃんちゃん焼き」、「えびと野菜の白ワイン蒸し」といった本格調理まで充実! 付属の「クッキングガイド」には、手動調理も合わせて405のレシピを掲載しています。

  • 新採用された焼き蒸しふた。
  • 庫内奥のスチーム噴出口に合わせておきます。

ギョウザをフライパンで調理するときは、焼き加減、蒸し加減が難しいですね! 水っぽかったり焦げたりするとおいしく食べられません!! 写真が、新たに採用された「焼き蒸しふた」です。このふたを使って調理することで、ギョウザのような大量のスチームを必要とする「焼いて蒸す」調理が可能になっています。

庫内の奥の方にスチーム噴出口があり、その噴出口からスチームをふたの中に取り込んで調理をします。「焼き蒸しふた」調理ができるのは上位機種のGV300だけとなっているので、MRO-GV200やGV100では「焼き蒸しふた」は付属していません。この GV300は、ギョウザを並べてフタをしてメニューを選べば後は全てレンジにおまかせするだけの簡単調理! では早速ギョウザ作りにチャレンジしてみます。

  • 焼き蒸し調理時は低めの脚で設置します。
  • 右端の一列のみ裏返してみました。こんがりいい色に焼けています!

焼き蒸しふた調理のときは「はかって両面グリル皿」を低い方の脚で設置します。焼き蒸しふたをスチーム噴出口にあわせて庫内に入れます。操作方法はまず、ダイヤルをオート調理ジャンルの「焼き蒸し」の項目が赤く光るまでクルクルと回します。スタートボタンを押して選択すると、そのジャンルに登録されたオートメニューが表示されるので、「焼きギョウザ」を選びます。「仕上がり」ボタンで好みの仕上がりを選択し、スタートボタンを押せば調理開始です、後は出来上がりを待つだけです!!

それから約18分後、ギョウザが出来上がりました! おいしそうな焼き色がしっかりついていて、食欲をそそります。皮がパリッとしていてとてもおいしかったです。ちなみに、今回はチルドギョウザを使いましたが、冷凍ギョウザの場合は「冷凍生ギョウザ」という別メニューがあります。もちろんギョウザ以外にも蒸し野菜いためなどのメニューが登録されていますので、毎日の献立に幅広く活躍してくれそうです。

  • こちらは簡単デミグラスソース。具だくさんでおいしそうです!
  • 数を増やしても時間の調節などはGV300が自動調整。

ギョウザの次は、オーブンとレンジの2段調理機能を使って、チーズインハンバーグとデミグラスソースを作ってみました。まずはデミグラスソースの下ごしらえをします。エリンギ、しめじ、玉ねぎ、バターをボウルに入れて3分半手動レンジ加熱であたためた後、デミグラスソース缶や水といった他の材料をボールに加えて落としぶたをします。

一方ハンバーグのタネを「はかって両面グリル皿」にのせます。今回は4個ですが、個数を増やしても減らしてもトリプル重量センサーが重量と位置を自動で感知して時間を設定してくれます。自分で加熱時間の調節等の設定が必要ないのでとっても楽チンです。

  • 食材とヒーターが近くなり、よりしっかり焼きあげます。
  • 波形プレートなので余分な脂がしっかり取れます。

下の段が先ほどのデミグラスソース、上の段がハンバーグとなっています。ギョウザの時は低い脚を使用しましたが、ハンバーグは高い方の脚を使用します。脚の高さを変えることで、より上部のヒーター部に近い位置に食材が置けるようになったため、従来機種にくらべて調理時間の大幅な短縮につながっているとのことです。前機種FV300でハンバーグ4個を調理するときは約25分かかっていたのに対し、GV300は約15分と 10分も時間が短縮されています。(ハンバーグのみの調理時の場合)。

オート調理ジャンルから「オーブンとレンジの2段」を選び、「ハンバーグ&デミグラスソース」を選択します。約25 分で出来上がり。ハンバーグは写真の通り、こんがりとおいしそうな色に焼けています! 右下の断面図をみていただければわかるように、中のチーズもとろりと溶けていて、途中で裏返さなくても中までしっかり火が通っています。

  • ハンバーグが完成しました!
  • eco消灯を設定すると1年で約1kWhの節約に!(レンジ加熱時)

仕上げに、ハンバーグの上に、デミグラスソースをたっぷりかければ完成です。さっそく試食してみましたが、ハンバーグはとってもジューシー! デミグラスソースとの相性もバッチリで、エリンギやシメジといった具も美味しさを際立たせています! 仕上がり具合の微調整も出来るので、その他にもいろいろな料理に挑戦したくなりました!!

また、今まで作る事が出来なかったステーキも焼けるようになっています。実際にステーキを焼いたというメーカーの方のお話によれば、「予熱と調理途中での裏返しが必要になるが、肉が焼けるときのとても良い音とニオイがする」とのことです。思わずステーキも食べてみたくなりました。ご家族のお誕生日のご馳走などに、ステーキを焼いたりするのもいいのではないでしょうか。

【ダブル光速ヒーター】【予熱シャッター】などの省エネ機能をご紹介します! 速熱性の高い光速ヒーターを2本搭載し、庫内温度の立ち上げがはやく、おいしく焼きあげます。庫内後部の排気口に設けた開閉式の「予熱シャッター」を、予熱の際に閉じることで予熱時間を短縮、庫内温度200℃までの到達に必要な消費電力を従来機種比で約20%削減しました。

通常は調理中に点灯している庫内灯と液晶画面のバックライトを消すことができる[eco]消灯モードを採用。省エネ法で定める測定方法では、レンジ加熱で年間1kWhの省エネとなります。機能性、操作性の向上以外にも、省エネにも気を配っている賢いオーブンレンジです!!

実際に使ってみて、前機種との違いで実感したのは操作性の高さです。定評のLEDホワイトバックライト液晶は見やすさ抜群です! もちろん単に見やすいだけでなく、使用する付属品や操作手順等まで液晶画面上で詳しく親切に説明してくれます。たくさんのメニューも「ジャンル」「メニュー」をダイヤルで選択する方式によりとても選びやすくなっています! 調理の残り時間を表示する文字も大きく、料理の初心者はもちろんあらゆる世代の方に使いやすいレンジだと思いました!

また、音声ガイドも優れており、「おしえてボタン」を押すだけですぐに音声で次にどういう操作をすればいいのか教えてくれます。エラーが出た場合も原因を教えてくれるので、取扱説明書を調べる必要がありませんし、通常の説明書の他に取り扱いガイドのDVDも付属していますので、映像で使用方法を確認することでよりわかりやすくなっています。

さらにもう一つ優れていると感じたのは使いやすさです。日立独自の「トリプル重量センサー」を継続して搭載。庫内底面の3か所の重量センサーにより、庫内に入れた食品の重さ・位置を計り、火力・加熱時間を自動的に加減してくれます! あらかじめ計った食器の重さを引いて、食品の正味の重さに合わせた調理時間を自動設定! オーブン調理後など庫内の温度が高くてもトリプル重量センサーにより、庫内の温度が下がるのを待たずに続けてオート調理ができます。

「はかって両面グリル皿」を使用したオート調理でも、入れた食品の分量は自動的に測量して、オートでおまかせ加熱! メニューを選んでスタートボタンを押すだけの簡単調理!! もちろん好みの温かさは人それぞれ、と言う方にも「わがや流あたため」を使えばお好みの加減で調理してくれます!! 簡単に手早く様々な料理を作りたい方、料理のレパートリーを増やしたい方、料理の腕前が確実にワンランクUPします! 是非ご検討ください。

もっと詳しく

PAGE TOP

about
上新電機/oga. 家電専門店ジョーシンでは、話題の商品の試用レポートを多数公開中。スタッフが実際に入荷してきた商品をじかに触ってレポートする、鮮度の高い情報です。ご購入検討時の参考にはもちろん、読み物としてもお楽しみ下さい。
Voice Index
フローズンフルーツメーカー ミュミュ EB-RMFD2
高圧洗浄機 「ベランダクリーナー」(1601443)
シービージャパン ノンオイルフライヤー TOM-01-BK
真空ジュースミキサー TMV1000
DCモーター搭載 マイコン式タワー扇 F-S1XJ


  • EEIEとは
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • サイトのご利用
  • プライバシーポリシー
  • 運営会社/会社概要