1. EEIE HOME
  2. VOICE
  3. Joshinの試用レポート ~KADEN expert VOICE~
  4. シャープ 3.1chシアターラックシステム 「AN-AR510/AR410」

VOICE

Joshinの試用レポート ~KADEN expert VOICE~

09.07.01

シャープ 3.1chシアターラックシステム 「AN-AR510/AR410」

業界最大級の大出力485Wを実現、大口径サブウーハーによる、本格的な大迫力の重低音サラウンドが楽しめるAVラックスタイルのホームシアターシステムが登場!!

大画面・高画質の液晶テレビAQUOSに相応しい迫力あるサウンドと高音質を実現した 3.1chシアターラックシステムがシャープより登場!! スタイリッシュデザインのラックに高性能デジタルアンプと、高音質3chスピーカー(メイン+センター)、サブウーハーを内蔵した、AVラックスタイルのオーディオシステム。リアスピーカー不要、テレビとの接続も簡単なのでテレビラックを置くのと同じ感覚でセッティングできます。想像以上の大迫力を体験! 早速レポートしたいと思います。

  • 今回、試用した2機種のシアターラックシステムは、スタイリッシュなデザインでAQUOSにジャストフィット! キャビネット前面・側面部分は木目調でツヤツヤした美しい光沢素材。上品で高級感を漂わせる家具調となっており、リビングに調和するよう仕上がっています。
  • 左がAQUOSのリモコン、右が付属のシアターのリモコン。ファミリンク対応なので、 AQUOSやレコーダーなど対応モデルと接続した場合は、連携して1つのリモコンで簡単に操作することができます。電源や音量調節はもちろん、番組に合わせてサウンドモードを自動選択してくれるので、難しい操作なしでお手軽に楽しめます。リモコンを持ちかえる手間が無いというのは思っていた以上に快適ですよ~!
  • リアパネルは、至ってシンプルです。左上の「HDMI出力(テレビへ)」と書いてある端子とテレビをHDMIケーブルで、右下の「テレビ(テレビから)」と書いてある端子とテレビを光デジタルケーブルで繋ぐだけと、接続はとても簡単。他にも HDMI入力端子が2系統装備されているので、ブルーレイプレーヤーやレコーダー等を2台まで接続できます。
  • 付属品として、HDMIケーブル(2.0m)と光デジタルケーブル(1.5m)が各1本ずつ同梱されています。別途ケーブルを用意することもなく、買ってすぐにテレビと接続できるのはうれしいところ。前述のAQUOSファミリンクもこの2本のケーブルのみで楽しめます。
  • 次はスピーカー。総合出力485Wで迫力の大音量を再生してくれます。フロントスピーカーとサブウーハー、センタースピーカーを搭載した3.1chシステム。サブウーファーには、「AN-AR510」が18センチ、「AN-AR410」は 16センチのユニットに、業界最大となる230Wアンプが搭載されていて、迫力たっぷりの重低音が響きます。センタースピーカーのおかげで、重低音が響く中でもセリフはくっきり明瞭に聞こえます。
  • ソースに合わせてお好みの音質が楽しめる「10種類のサウンドモード」を搭載!サウンドモードを自動選択にしておけば番組情報を読み取り、自動で最適なサラウンドで再生してくれるので誰でも手軽に快適なシアターを体験出来ます。また。好みに応じてきめ細かい調整も可能となっています。このラックだけで後ろからも横からも音が聞こえ、5.1chのようなサラウンド効果を楽しむことができます。
  • 左が「AN-AR510」で右が「AN-AR410」。「AN-AR510」は52V型まで対応し、レコーダーなどの収納棚は4箇所、「AN-AR410」は42V型まで対応し、収納棚は2箇所になっています。高さや奥行き、表示パネルは両機とも共通になっています。壁にぴったり寄せられ、ケーブルもすっきりのカベピタ設計、移動に便利なキャスター付きなのもうれしいポイントです。
  • 実際にテレビと繋いでみたところ、映し出されたのは大相撲。テレビのスピーカーの時と比べると、段違いの迫力と臨場感で、まるで自分が両国国技館にいるような気分で楽しめました。さすがに業界最大級と言うだけあってその気になれば映画館並の迫力再生も可能です! センタースピーカーの効果で解説がとても聞き取りやすかったのも印象的でした。

従来の5.1chホームシアターシステムは配置するにあたって、配線の煩わしさやスペース、費用等の問題もあり、なかなか一般家庭で実現させるのは難しいものです。しかし、せっかくの大画面にはそれに相応しいサラウンドがないともったいない!今回の視聴でもテレビ内蔵スピーカーとシアターラックを比べた場合、音の臨場感や、聞き取りやすさなど、違いは歴然。同じ番組を見ても満足感が全く違いました。

しかも最近のシアターシステムは、バーチャル機能の進化でフロントのスピーカーのみでサウンドに包み込まれる様な本格的なホームシアターが実現できるようになっています。今回ご紹介したテレビ台を兼ねたラックタイプの場合、テレビと同じブランドを選べば、設置も、接続も、操作も簡単とまさに至れり尽くせり。家電に弱いご家族が使っても常に最適なサラウンドが楽しめるスグレモノ!ワンランク上のテレビ体験をあなたに...。夏のボーナスにもおすすめです!

もっと詳しく

PAGE TOP

about
上新電機/oga. 家電専門店ジョーシンでは、話題の商品の試用レポートを多数公開中。スタッフが実際に入荷してきた商品をじかに触ってレポートする、鮮度の高い情報です。ご購入検討時の参考にはもちろん、読み物としてもお楽しみ下さい。
Voice Index
フローズンフルーツメーカー ミュミュ EB-RMFD2
高圧洗浄機 「ベランダクリーナー」(1601443)
シービージャパン ノンオイルフライヤー TOM-01-BK
真空ジュースミキサー TMV1000
DCモーター搭載 マイコン式タワー扇 F-S1XJ