1. EEIE HOME
  2. VOICE
  3. 旬を味わうことは、幸せを味わうこと。~HIGASHIMARU VOICE~
  4. 「山菜おこわ」と「和風カプレーゼ」

VOICE

旬を味わうことは、幸せを味わうこと。~HIGASHIMARU VOICE~

12.09.26

「山菜おこわ」と「和風カプレーゼ」

山菜おこわ

<材料(4人分)>

・米:1.5合
・もち米:1.5合
・ぎんなん:90g
・山菜(水煮):200g
・油揚げ:1枚
京風割烹 白だし:大さじ6

<作り方>

  1. 炊く1時間前に米ともち米をあわせて洗い、水に浸しておく。
  2. ぎんなんは殻をむき、塩ゆでして薄皮をむく。山菜は洗い、長いものは食べやすく切る。油揚げは熱湯で油抜きをし、縦半分に切って細切りにする。
  3. 炊飯器に米と京風割烹白だしを入れ、普通の水加減に合わせる。2を加え、軽くかき混ぜて普通に炊く。

和風カプレーゼ

<材料(4人分)>

・ミディトマト:8個
・モッツァレラチーズ:1袋(125g)
・青じそ:4枚
・みょうが:1個
・貝割れ菜:適宜
・オリーブ油:大さじ2
淡口しょうゆ:大さじ1
・粗びき黒こしょう:適宜

<作り方>

  1. ミディトマトは横半分に切る、モッツァレラチーズは半分に切って、さらに8等分に切る。
  2. 青じそは4等分に切り、みょうがはせん切りにする。貝割れ菜は根元を切り落とし、長さを半分に切る。
  3. 器にミディトマトを並べる。トマトの上に青じそ、モッツァレラチーズ、みょうが、貝割れ菜の順にのせる。
  4. 食べる直前に、淡口しょうゆとオリーブ油を混ぜ合わせてかけ、粗びき黒こしょうをふる。

PAGE TOP

about
ヒガシマル醤油 天正年間(1573~1592年)創業。兵庫県たつの市で生まれた、淡い色味で風味豊かなうすくち醤油。 ヒガシマル醤油の商品を使用したレシピを季節や素材の旬に合わせてご提案。
Voice Index
「ししとうのじゃこ炒め」と「あじの南蛮漬け」
「ズッキーニとパプリカの夏マリネ」と「牛肉ときゅうりの炒め物」
「豚しゃぶと蒸しなすのピリ辛だれ」と「白あえ」
「冷やし梅ささみうどん」と「れんこんのさっぱりごまあえ」
「春野菜のガレット」と「春野菜と帆立てのサラダ」