1. EEIE HOME
  2. grafが近畿2府4県を旅して考えるきれいなくらし
  3. 第16回 大阪と京都の境、大山崎で暮らしを楽しむ人々との出会い。

VOICE

grafが近畿2府4県を旅して考えるきれいなくらし

第16回 大阪と京都の境、大山崎で暮らしを楽しむ人々との出会い。

[graf]の名物イベントの1つ、『Taste Of Folklore (テイスト オブ フォークロア)』。これは京都と大阪の境、大山崎で農業を営む[ense(エンセ)]の小泉伸吾さんと[graf dining: fudo]による食と音楽のイベント。「地域によって必然的に生まれてきた食材。その食材によって生まれた料理方法など、民俗が暮らす必然性から学ぶ」そんな思いをテーマにスタートしました。[ense]の野菜を使って料理人がライブで調理し、その料理に合わせて、この日のために結成される楽団[テイスト・オブ・フォークロア ラウンジオーケストラ]が音を奏で、お客さんはその場で食するという、ライブ感たっぷりのイベントです。今までで6回開催していて、[ense]の食材を料理人が様々な調理方法で調理し、毎回新しい食べ方を提案し、お客さんに楽しんで頂いてます。この連載でも、去年の夏、中之島の「水都大阪2009」のgrafのレストランブースのオープニングで行われた『Taste Of Folklore 』の様子をご紹介しました。

今回は、そんなgrafとも関わりが深い[ense]の小泉伸吾さんの畑を訪ね、少し早い夏野菜の収穫も体験させてもらいます。農業イベントやミーツ畑ですっかり野菜作りに開眼したgrafのメンバーにとって、小泉さんの畑はまさにお手本! 小泉さんの畑を訪れるのは初めてのメンバーもいて、みんな興味津々です。

そして[ense]の野菜を販売している、食と暮らしのうるおいサロン[Rerish(レリッシュ)]や[アサヒビール大山崎山荘美術館]にも立ち寄り、最後には名水百選にも選ばれている名水の地・水無瀬神宮そばに住んでいるスタッフの増地孝泰さんご夫妻のお家を訪問。grafが設計デザインを担当した増地さんのお家のダイニングキッチンにて、[レリッシュ]の主宰者、料理研究家の森かおるさんと、元[graf dining:fudo]のシェフで料理研究家の堀田裕介さんによる『enseの夏野菜の料理会』を開催! 

大阪と京都の境に位置し、大阪にも京都にもアクセスが良いたいへん便利な立地でありながら、雄大な自然と代々守り継がれた文化が共存する京都府乙訓郡大山崎町と大阪府三島郡島本町山崎。この地の人々の暮らしを訪ねてみると、都会に住んでいると感じられない、地元に対する誇りと愛、そしていろんな意味での暮らしの豊かさがありました。

  • Chapter.1 [ense(エンセ)]の農業士・小泉伸吾さんの畑を訪ねて。
    10.07.28
    Chapter.1 [ense(エンセ)]の農業士・小泉伸吾さんの畑を訪ねて。

    京都府の南西部、大阪府との境に位置する大山崎町。
    京都府内では最も小さな街ですが、JR東海道線や新幹線、阪急京都線、名神高速、国道171号線など、たくさんの交通網が縦断している交通至便な地。古代から中世にかけては平城京、長岡京、平安京という3つの都の出入り口に当たり、淀川の水運を利用した物流の要として賑わった場所で、豊臣秀吉と明智光秀が天下を奪い合った山崎合戦や、幕末の禁門の変など、多くの戦乱の舞台にもなりました。

  • Chapter.2 [アサヒビール大山崎山荘美術館]と「離宮の水」の水無瀬神宮。
    10.07.28
    Chapter.2 [アサヒビール大山崎山荘美術館]と「離宮の水」の水無瀬神宮。

    続いて訪ねたのは、天王山の中腹にある[アサヒビール大山崎山荘美術館]。 かつて関西を代表する実業家であった加賀正太郎が、イギリスのチューダーゴシック様式を模して自ら設計デザインして建造した、大正〜昭和初期の建築です。登録有形文化財にも指定されたこの建物を本館とし、安藤忠雄が設計した新館と共に1996年に開館しました。

  • Chapter.3 食と暮らしのうるおいサロン[Relish(レリッシュ)]と増地さん邸での『enseの夏野菜の料理会』。
    10.07.28
    Chapter.3 食と暮らしのうるおいサロン[Relish(レリッシュ)]と増地さん邸での『enseの夏野菜の料理会』。

    次に大山崎山荘美術館からもほど近い、JR山崎駅の駅前にある[Relish(レリッシュ)]を訪ねました。こちらは料理研究家の森かおるさんが主宰する"食と暮らしのうるおいサロン"。台所周りの雑貨から食品、ウエアなども販売するショップの隣には、料理や織物などの教室が開催されるスペースもあります。

  • Chapter.4 「Extra Movie」
    10.07.28
    Chapter.4 「Extra Movie」

    今回の取材のおまけムービーです。

クリエイティブユニット「graf(グラフ)」
大阪・中之島を拠点に、世界的に活躍するクリエイティブユニット。
1993年より、「デコラティブ モード ナンバースリー」というユニット名で、インテリアデザイナー、家具職人、シェフ、映像作家、プロダクトデザイナー、大工などの様々な分野のクリエイターが集まり活動を始める。1998年4月、大阪の南堀江にショールーム[graf]をオープン。
2000年に大阪・中之島に移転し、活動拠点となる[graf bld.]を設立。現在は、ショールーム・ショップ・レストラン・サロン・ギャラリーが一体となった[graf bld.]、隣接するビル内のオフィスフロア及び家具製造の工場を拠点に活動。東京にも活動の発信拠点としてのオフィスをもつ。「心地よい暮らしのための空間づくり」というコンセプトのもと各メンバーの個性を生かした独自の活動を展開している。
写真:grafオフィス

PAGE TOP