1. EEIE HOME
  2. VOICE
  3. grafが近畿2府4県を旅して考えるきれいなくらし
  4. 第13回 graf × Meets Regional × EEIE Meets Agriculture grafの畑便り
  5. Chapter.3 graf × Meets Regional × EEIE 畑の小屋造りの打ち上げ&こぼれ話

VOICE

grafが近畿2府4県を旅して考えるきれいなくらし

10.03.24

Chapter.3 graf × Meets Regional × EEIE 畑の小屋造りの打ち上げ&こぼれ話

こうしてひとまず完成したミーツ畑の農作業小屋。
その完成を記念して、2月下旬に、小屋の前で、打ち上げパーティーを行いました。
この日は、小屋造りに打ち込んでくれた家具工場のスタッフや設計をしてくれたJOYさんはもちろん、代表の服部さんやその他にも10数名にも及ぶgrafのスタッフが参加してくれました。ミーツの編集部も、編集長を筆頭に、若手スタッフも勢揃い。加えて、ミーツ畑の恩人・西畠清順さん夫妻も来てくれて、総勢30名ほどの大パーティーとなりました。

当日は、川西さんや堀田さんをはじめ、grafのメンバーがまた豪華なメニューを準備してくれました。Chapter.1で紹介した決起パーティーでも鶏肉を調達した、服部さん御用達の[中元かしわ店]でまた鶏を大量に仕入れ、ダッチオーブンで作ったタンドリーチキンをはじめ、かしわの刺身、唐揚げ、煮込み料理など続々とできあがります。カレーとナンも登場! 他にもサラダ、ポテトフライなど、テーブルにのりきらないほどでした。

  • grafチーム、ミーツの編集スタッフ、清順さんご夫妻、総勢30名ものミーツ畑の仲間たちが集まっての野外パーティー。
  • 調理スタッフ、ひたすら食べ続ける人、ビールで赤ら顔な人、みんな様々に愉しみつつ、農作業小屋の完成をお祝い。
  • grafの調理チームによって次々と出来上がってくる美味しそうな料理に、箸が止まりません。
大活躍ののダッチオーブンで作った、いろんな野菜が入ったローストチキン。絶品でした!
野菜も盛り沢山な特製カレーの出来上がり!
みずみずしい新鮮な野菜もいっぱい用意。次回のパーティーの時には、畑で収穫した野菜で。

準備ができたら、まずは全員で乾杯。graf代表の服部さんから挨拶です。

「まだまだ始まりです。ミーツとgrafの遊び場ができた! 夢はビレッジです。次は風呂計画にむけて、よろしくです!」

小屋の設計を担当してくれたJOYさんも、
「スケッチから設計図を起こした時は、こんなに楽しい現場になるとは思っても見ませんでした。grafの今までの現場で一番、一体感があったかもしれません!」

次に現場監督をしてくれた服部智樹さん、
「短い間でできるかなと思ってましたが、無事に出来上がりました。これからも楽しみです」

そしてこのミーツ畑のきっかけを作ってくれた清順さん、「今までほったらかしになっていた土地を生き返らせてくれたのも話をくれたミーツさんのおかげです。ありがとうございました! これからもよろしくお願いします」

そして最後に、ミーツの金馬編集長から、
「清順さんやgrafのみなさんのおかげで、新しい楽しみができました。これからも畑仕事はもちろん、grafとも一緒に、ここでいろんなイベントをやっていけたらと思っています。今後ともご協力お願いします」

grafさんがお手製の木の看板を作ってきてくれて、ミーツの看板の横に立てました。

ミーツ「清順くんも畑の仲間やねんから、grafの下に『花宇』って入れたらいいやん」
清順さん「マジックでええかなあ!?」
graf「かまへんかまへん」
というわけで、とりあえずマジックで看板に社名を書き込む清順さん。でも、花宇の前に(株)って書いて...。

ミーツ「なんか(株)って固いなぁ(笑)」と一同、大笑い。

この日は一足早い春日和と思うほどの晴天。
2月とは思えない暖かさの下、美味しい料理とこれからの畑計画の話題で、いつまでも話が尽きることなく...。

そんな中、grafの服部滋樹さんがまたペンと紙を用意してサラサラとスケッチを開始。
graf × ミーツの畑計画の第2段、丘の中腹に建てる展望風呂のスケッチです。
しばらく見ていると、展望風呂だけじゃなく、3層式のデッキにはゲストハウスやトイレも!

服部さん「風呂釜は、酒樽を改良して作って。[冨田酒造]の冨田くんに相談してみよう」
ミーツ「うわ~すごいなあ! これが出来たらここで暮らせるなあ」
服部さん「みんなで星見ながら、風呂入ろうや!」
智樹さん「でもここまで造るんやったら、木材足りませんやん」

JOYさん「設計図起こせるかなあ?」
ミーツ「何とかなるでしょ! お願いします!」
と美味しい料理と楽しい一時に勢いづきつつ、夢を膨らませられるだけ膨らましました!

その後、清順さんが「記念にオリーブの樹、植えようか!」って言ってくれて、
一同「植えよう! 植えよう!」ということに。
(株)花宇のスタッフの方が清順さんが昨年、スペインから輸入したという、樹齢250年を数えるオリーブの樹をトラックで運んでくれました。
見たこともないような、立派なオリーブの樹です。
早速、みんなでトラックから下ろして、出来上がったばかりの農作業小屋の前に植樹しました。

その様子は、清順さんがブログに早速、書いてくれています。
それを読んで、清順さんのありがたい想いを知って、スタッフ一同また感動しました。

その清順さんのブログで、もう一つ、ミーツ畑のこぼれ話が・・・。
このミーツ畑がスタートして、すごくお世話になっているのが、この畑を作らせて頂いている土地の地主である山田さんのおばあさん。

清順さんは(株)花宇の3代目のおじいさんの代からずっと山田さんの畑で生け花の花材を育てさせてもらっていて、このミーツ畑の道路を挟んで向かいに山田さんのお家があります。荒れていた土地を畑にするために、農具を借りたり、トイレや水道まで使わせてもらったり、と様々な面で本当に助かっています。

おばあさんはこの家に住んでいるんですが、清順さんの話によると、一昨年ケガをされてからはお家に引きこもりがちだったとか。

それが、ミーツのスタッフが入れ替わり立ち替わり、夏も冬も畑に通うようになって、おばあさんにもだんだんと変化が。髪もきちんと整えて、おしゃれして、散歩もするようになったとか。水道や農具などいろいろお借りしているお礼に、山田さんのお家の庭の草刈りをミーツのスタッフがしてあげたり、そうしておばあさんと日常的に会話を交わすようになり、おそらく私たちと話することで元気が出てきたんだと思います。

清順さん「ミーツ畑で一番喜んでいるのは、ひょっとしたら山田のおばあさんかも。この前も『花宇さん、いっぺん私の手握ってみ。手に力が戻ってきてん』って握手してくれてん。ずっと心配やったから、こうしておばあさんにかわいい笑顔が戻ってきてすごいうれしい。ミーツさんに紹介できてほんまに良かったわ」

この1年、「grafが近畿2府4県を旅して考える、きれいな暮らし。」でも、本当にいろんなご縁と出会いがありました。
ミーツ畑も、grafのみんなと一緒に清順さんのところに取材に行って、それがご縁で畑をすることになり...。こうして考えると、全てが自然とどこかで繋がっていたような気もします。
そんな中、畑作りを通して、こうして何かの役に立つことができたのは、私たちもうれしいし、それを清順さんがブログに書いてくれたのを読んで、涙が出るほど感動しました。山田さん、清順さん、そしてもちろんgrafさん、これからもお世話になりますが、どうぞよろしくお願いします。

最後に植樹したオリーブの樹の前でみんなで記念撮影。このgraf × ミーツ × 花宇(そしてEEIEも!)の畑計画の今後については、これからもご紹介していきます。
夢はどんどん、ビレッジ構想にまで広がって...、畑計画のこれからの展望に、乞うご期待ください!

  • graf×ミーツ畑のきっかけをくれた恩人である清順さんも、スタッフお手製の美味しいカレーに満面笑顔で。
  • grafのロゴの入ったお手製の看板を、服部さん自ら、ミーツの看板の横に打ち込みました。
  • ミーツの看板の横に、grafの看板(ついでに清順さんお手書きの(株)花宇☆も)が立てられました。
  • 服部さんがスケッチを描き始めると、みんな集まってきて興味津々。清順さんも「次は何を造るんですか?」
  • 「小高い丘に展望風呂とゲストハウスを」服部さんがサササッとペンを走らせて、スケッチに落とし込んでいきます。
  • 服部さんが描いてくれたスケッチ。ダイニングキッチン、お風呂、ゲストルームがデッキで繋がる3層構造です。
  • 服部さんから野澤さんにスケッチの細部の説明が。服部さんの頭の中のアイデアが、こうして具体化していきます。
  • スペインから輸入したという、樹齢250年ものオリーブの樹。花宇のスタッフがトラックで運んでくれました。
  • 大きなオリーブの樹の植樹に、スタッフ総掛かりで奮闘です。植え終わるまで、1時間かかりました。
  • 小屋の前にオリーブの樹が植わりました。この樹に実がなるのは5年後くらいだそうです。
  • パーティーの後は、ジャガイモの種植えをしました。均等になるように畝に穴を掘って、そこに種芋を埋めていきます。
  • 水やりもしっかりと。農業は愛情から。潤いが大切です。

Fin
(取材/天見真里子)

打ち上げパーティーの後、農作業小屋の前に植えたばかりのオリーブの樹を囲んで記念撮影。数年後、このオリーブの樹がどれだけ成長しているか、その時のgraf×ミーツ畑(or ビレッジ?)の姿とともに楽しみです!

このムービーをご覧になるには、FlashPlayer(Ver8以上)が必要になります。下記のリンク先より最新のFlashPlayerを入手してください。(無料)

PAGE TOP