1. EEIE HOME
  2. VOICE
  3. grafが近畿2府4県を旅して考えるきれいなくらし

VOICE

grafが近畿2府4県を旅して考えるきれいなくらし

この企画は、大阪・中之島を拠点に、オリジナル家具の企画・制作・販売、店舗・住宅設計、プロダクト・グラフィックデザイン、ブランディング、アートから食に至るまで、多方面で活躍し、世界的な注目を浴びているクリエイティブユニット「graf(グラフ)」が、近畿2府4県で暮らす様々な人々を訪ねて、その姿を通して、この時代の「快適なくらしのカタチ」を紹介します。

最終回「2年間の連載を振り返りながら、再び滋賀の湖北へ。」

2009年4月のEEIEのスタートとともに始まった、この 「grafが近畿2府4県を旅して考える、きれいなくらし。」も今回で最終回。丸2年間、22回に及んだ連載では、淡路、宇陀、和歌山、伊根、川西、姫路…など、近畿2府4県津々浦々、旅(日帰りですが)をしながらいろんな人のくらしを訪ねてきました。そしていろんな人に出会いました。

そのスタートは滋賀の湖北、木之本に[冨田酒造]さんの冨田泰伸さんをはじめ、先祖代々の家業を受け継いでくらしている若者たちを訪ねました。 その旅の印象が強く、それ以来、[冨田酒造]の冨田泰伸さんはEEIEのメンバーとして、度々、取材にも同行頂いたりして…。

ということで、初心に戻る意味も兼ねて、今回の最終回も再び湖北を訪ねました。 今回のナビゲーターは前田壮一郎さん。職業は『野良師』。同じ湖北の家倉さんたちのように農業を(主に稲作)をされていますが…、前田さん曰く「自分の想いを表すのになかなか良い言葉がなくて『野良師』は私の造語です。野に手入れをして、より良い状態を作っていく、そんな想いを込めました。野良仕事ってそういうものです」。 現在は長浜市の余呉町でお米を作りながら、カヌーや雪山などのガイドもされています。前田さんはEEIEで[冨田酒造]を取材した2年前は、お酒にするお米を作っていました。そんな縁もあって、今回のナビゲーターをお願いすることに。

今までの取材は近畿2府4県の方々のくらしを訪ねてきましたが、最終回は余呉を楽しむための特別編。ワカサギ釣りに蕎麦打ち体験、滋賀と福井の県境の雪山にも案内してもらいました。 そして最後は、2年間の連載を振り返りつつのEEIEオールスターズによる大宴会!  みんなでこの連載の想い出を語り合いました。

第21回「大阪・緑豊かな能勢町の手づくりがあるくらし。」

大阪府の北西端に位置する豊能郡能勢町。
大阪市内から約1時間のアクセスながら、そこには日本の懐かしい田舎ののどかな風景が広がっています。開運の神様『能勢の妙見さん』の愛称で親しまれている能勢妙見山がある妙見山をはじめ、町一番の高峰である深山、剣尾山、歌垣山など四方を山で囲まれており、猪名川流域の4つの川が町内の田畑を潤しています。町全域が標高200m地帯にあり、大阪市内に比べて3~4℃気温が低いため、冬の寒さは厳しく、夏はやや涼しいのも特徴です。

そんな能勢に今回は、先祖代々の物づくりを引き継いでくらしている人達を訪ねました。地下30mから汲み上げた地下水で毎日おいしいお豆腐を作り続ける堂本さん、古くから茶の湯で使われる能勢の名産品の『能勢菊炭』を受け継ぐ炭焼き師の小谷さん、そして手づくりで竹籠や竹ざるなどを作る竹細工職人の中井さん。どれもこの能勢の地でしか作れないものばかりです。
今回ナビゲート役をお願いのは、能勢在住のエディター&ライター、福田アイさん。能勢の移ろう季節の魅力を、イベントや読みもの、俳句など、様々なかたちで伝える『四季の企画室 野の』を主宰されています。 「四季の移ろいを感じることの素晴らしさ。それをおしえてくれたのは、生まれ育ち、そして今も暮らす大阪最北のまち“能勢”です」と語るアイさん。能勢で育ち、能勢にくらす人々の日常には、“ゆとり”と“誇り”がありました。

クリエイティブユニット「graf(グラフ)」
大阪・中之島を拠点に、世界的に活躍するクリエイティブユニット。
1993年より、「デコラティブ モード ナンバースリー」というユニット名で、インテリアデザイナー、家具職人、シェフ、映像作家、プロダクトデザイナー、大工などの様々な分野のクリエイターが集まり活動を始める。1998年4月、大阪の南堀江にショールーム[graf]をオープン。
2000年に大阪・中之島に移転し、活動拠点となる[graf bld.]を設立。現在は、ショールーム・ショップ・レストラン・サロン・ギャラリーが一体となった[graf bld.]、隣接するビル内のオフィスフロア及び家具製造の工場を拠点に活動。東京にも活動の発信拠点としてのオフィスをもつ。「心地よい暮らしのための空間づくり」というコンセプトのもと各メンバーの個性を生かした独自の活動を展開している。
写真:grafオフィス

PAGE TOP