1. EEIE HOME
  2. PICK UP
  3. メケメケ☆エレガンス
  4. 東野圭吾最新作!『疾風ロンド』

PICK UP ~編集部のおすすめ~

メケメケ☆エレガンス

13.11.27

東野圭吾最新作!『疾風ロンド』

みなさん、こんにちは!メケメケです。
寒くなってきた今日この頃、冬といえば雪、雪といえばスキーの季節になってきました。 東野圭吾最新作、『疾風ロンド』では、まさにスキー場を舞台としたドタバタ事件を描いた作品です。
単行本を飛ばして、いきなり文庫本で登場、ということもあってか、他の彼の作品と比べて、軽い感じで一気に読める作品だと思います。

主人公は泰鵬大学医科学研究所の職員、栗林和幸。
その息子で スキー大好き少年、秀人。
研究所の上司、東郷雅臣と、同僚の折口真奈美。
スキー場のパトロール隊員である根津昇平と、スキー大会を控え実力に限界を感じている瀬利千晶。
スキー場の喫茶店を経営している高野家族と、同じ中学に通う山崎育美。
そして、才能が正当に評価されず、事件の犯人となる研究所元職員、葛原克也の運命やいかに。彼は目的を遂行できたのか、警察から逃げられたのか、それともー?

彼らの思いや思惑が複雑に絡んで、事件はどう収束するのか?

事件が解決したように思えた直後に どんでん返しがあり、不安になりつつも、全体を通してほのぼのした印象のエンターテインメント・ミステリー。

最終章のオチが大変痛快でした。

作者からのメッセージに、「元気を出せ!跳べ、滑れ! この物語の登場人物に負けるな!」とあります。

みなさん、早速読んでみてください!


PAGE TOP

  • リビングライフラボ
about
ペンネーム: メケメケ
職業: しゅふりーライター
主婦もフリーライターも、ビカビカの新一年生。いま自分の中でホットな、クッキング、ムービー。そして、思い入れの深い東野圭吾作品について、独自の視点から紹介していければと思います。よろしくお願いいたします。
PICKUP Index
『永遠の0(ゼロ)』~本と映画から~
東野圭吾最新作!『疾風ロンド』
東野圭吾 『祈りの幕が下りる時』
百田尚樹 『風の中のマリア』
東野圭吾 最新刊!『夢幻花』