1. EEIE HOME
  2. PICK UP
  3. メケメケ☆エレガンス
  4. 『007 スカイフォール』ご覧になられましたか?

PICK UP ~編集部のおすすめ~

メケメケ☆エレガンス

13.01.30

『007 スカイフォール』ご覧になられましたか?

今年もよろしくお願いします!メケメケです。
さて、みなさん、お正月映画は何かご覧になられましたでしょうか?

『007 スカイフォール』

私は、『007 スカイフォール』を観ました。
そろそろ映画館での公開は終了し、DVDの発売を待つ時期になってきましたので、
今回は、既にご覧になった方々と思いを共有できたらな、と思います。

007シリーズといえば、イギリスの映画で1963年(日本公開時)から公開されてきた50年もの歴史を持つアクション映画です。
去年イギリスでオリンピックが開催された際、開会式でエリザベス女王が映画主役のダニエル・クレイグと なんとスカイダイビングで登場したことからも分かるように、イギリスにとっても、国をあげてspecial な映画なのです。
こういう、映画を大切にする国、そして女王の粋な計らい、私は大好きです。

さて、アクション映画シリーズといえば、M.I.(ミッションインポッシブル)シリーズを連想する方も多いでしょう。
こちらは、アメリカの映画で1996年から今まで、4作公開されています。
007シリーズが、50年、23作であるのに比べると歴史は短いといえます。
007シリーズでは、主役のジェームス・ボンド役が、初代のショーン・コネリーをはじめ、現在のダニエル・クレイグまで6人いるのに対し、M.I.シリーズは毎回トム・クルーズです。
いずれも、国家機密系アクション映画ですが、どちらがお好きですか?
私は、・・・どちらも好きですね!
ただ、オープニングのアニメーションやテーマソングでセンスが良いのは、007シリーズの方だと思います。前々作『007 カジノロワイヤル』でのオープニングは、keyとなるトランプを用いたアニメーションが実にハイセンスでしたし、今回の作品のテーマソングはイギリス人のアデルの歌声が魅力的でした。テーマソングは、今月発表されたゴールデングローブ賞をすでに受賞しています。

さてさて、『007 スカイフォール』の中身ですが、開始早々からのアクションの凄さや ダニエル・クレイグのセクシーさは言うまでもなく、何といっても 悪役演じるハビエル・バルデムが素晴らしかったです。
敵味方が存在する映画において、主役が素敵なのは言うまでもありませんが、悪役が光ってこそ、映画が生きてくるのだと思っています。良い映画には良い悪役がいます。
ハビエル・バルデム演じるシルヴァは、実に賢く、迫力の凄まじい男でした。
金髪で彫りの深い顔に、白いブレザー。登場シーンで、こちらに歩いて来ながら話す鼠の話が怖くて怖くて・・・!
彼がとうとう捕まえられた時、そのまま終わるかなと思っていましたが、彼がわざと捕まっていたとは思いもよりませんでした。
ジェームス・ボンドを嵌めようと、地下に電車を落とし込んだシーンに驚いたり、シルヴァが警官に変装するけど彫りが深いからなんか面白かったり、、、しているうちにどんどんシルヴァという人物に魅力にはまっていきました。
また、ドレッドヘアーの女性(イヴ役)がボンドガールであったことは、少々驚きでしたが、明るくいまどきの女性像がボンドガールに選ばれたことは イギリスの新しい風と感じましたね。

みなさまは、どんな感想をお持ちですか?
次回作の公開時期や、主役は誰がするのか、などなど、これからも007シリーズから目が離せません。

PAGE TOP

  • リビングライフラボ
about
ペンネーム: メケメケ
職業: しゅふりーライター
主婦もフリーライターも、ビカビカの新一年生。いま自分の中でホットな、クッキング、ムービー。そして、思い入れの深い東野圭吾作品について、独自の視点から紹介していければと思います。よろしくお願いいたします。
PICKUP Index
『永遠の0(ゼロ)』~本と映画から~
東野圭吾最新作!『疾風ロンド』
東野圭吾 『祈りの幕が下りる時』
百田尚樹 『風の中のマリア』
東野圭吾 最新刊!『夢幻花』