1. EEIE HOME
  2. PICK UP
  3. Live beautifully ★ Think freely
  4. ひとり旅ガールのススメ★春・フランス編

PICK UP ~編集部のおすすめ~

Live beautifully ★ Think freely

13.05.22

ひとり旅ガールのススメ★春・フランス編

さわやかな5月になり、過ごしやすい季節になりました!みなさまお健やかにお過ごしでしょうか。
コロコロ変わる天候に毎日「何着よう?」な日々を過ごしておりましたが、やっと冬服を片づけられそうです。ただ、春服をすっ飛ばして夏服になりそうな勢いですが(笑)。

 今年のゴールデンウィークは、年度初めのバタバタも片づけて10連休が取れたので、春のフランスまでひとっ飛び! こういう時は不定休の仕事に「ありがとう~!」です。
急激な円安で、海外旅行のお財布にはやさしくない時期でしたが、春に行くなら"今でしょ!"と、出発2週間前に行き先決めて、航空券取って、直前にホテルやTGVのチケット取って...本当は準備の時間も楽しみたいのですが、仕事も段取り付けて、いざ1人バカンスへ!

ひとり旅ガールのススメ★(春・フランス編)

 こんな時期に10連休も取れる友人がいるはずもなく、今回も一人旅。でも、パリにいる友人を訪ねて「パリに暮らす」をちょこっと体験しながら、"なんちゃってパリジェンヌ★"もありつつ、ひとり旅を大満喫してきました。

 ちなみに、今回の目的は...
① 友人に会う(ノートルダムの鐘で目覚める、テラス付きのパリらしいおうちに3泊!)
② 世界遺産+α(モンサンミッシェル、ヴェルサイユ、シャルトル、レンヌ...今回はパリから少し離れた場所も)
③ おいしいもの(マカロン、ミルフィーユ、ショコラ、バゲット、クロワッサン、マルシェ、ビストロ、カフェ...)
④ 美術館&オペラ(毎月第1日曜日は美術館無料Day!)
⑤ フランスっぽいかわいいもの(蚤の市に行く!)
・・・と、欲張り・盛りだくさんな旅!

フランスのステキなところはたくさんありすぎて、毎日朝から夜まで、寝る間を惜しんで歩いてきました!
この時期フランスは夜9時を過ぎてもまだ明るい!おかげで夜も街中を歩けるし、カフェも遅くまで開いているし、通りも人が結構いて一人で歩いていても安心だし...そして、金・土・日はメトロが夜2時頃まで動いているので、とっても便利★

そんな旅でみつけたものを少しご紹介したいと思います。

◆ルバーブ

 日本では見たことがなかったのですが、フキ似た茎と大きな葉っぱのタデ科の野菜です。そのまま食べると甘酸っぱいそうなのですが、結構コンフィチュールやヨーグルトの中に入っていたりと、加工されたものも売られていました。フランスの定番「ボンヌママン」シリーズにもルバーブがあったので、お土産に。これは絶対おススメです。
紅い太い茎が、「紅ずいき」に似ていてちょっと親しみを覚えてしまったり。日本でも一部の地域では作っているので、八百屋さんに頼むと取り寄せてもらえたりするようです。

ちなみに、コンフィチュールと言えば「マダムフェルベーヌ」。サロンデュショコラの時にしかお目にかからないのですが、日本で買うとちょっぴりお高め。なのでしっかりお買い上げ。「ポアラーヌ」という有名なパン屋さんに置いていたので、今回はここで調達できました。ポアラーヌのカンパーニュは絶品★パンのクオリティーの高さ(と安さ)に本当に毎日感激です。

ルバーブのコンフィチュールとコンポート(ボンヌママン)

◆マルシェかご

 フランスではいたる所でマルシェ(朝市)が開かれています。野菜や果物も肉も魚も、缶詰や瓶詰などの加工品も雑貨も...なんでも売られています。そこで新鮮な食材を必要な分だけ調達します。牛乳やヨーグルトも、スーパーのよりも断然おいしい★ そこでのお買いものに、男性も女性も、若い人も、おじいちゃんおばあちゃんもみんな持っているのが「マルシェかご」。
買い物の時にも使えますが、マルシェでは、かごにパンや野菜など売り物を入れていたりと、とってもかわいいんです。そんな何でも使えるかごが絶対ほしいと思っていたのですが...
たまたま見つけたお店で普段使える、ちょっと小洒落たかごバッグに出会ってしまい、マルシェかごをあきらめて、こちらを買ってしまいました。
1人旅で困るのは、1人で持って帰れるだけしか買えないこと。毎回持ち切れないほどの荷物。こんな時、荷物の少ない同行者がいたら頼めるのに...と思ったり。ないものねだりです(笑)次は絶対買わなきゃ!!

ビオマルシェではかごの中にパンが!このかごもステキ!

マルシェにて。いろんなものを売っています。
珍しい形のトマト。しっかり野菜の味がします!この日は、ここで野菜や果物を買って、パンと一緒にベンチで食べる、ピクニック♪
後ろにあるのはコリンキー(生でも食べられるかぼちゃ)?

◆パリジェンヌのファッション事情

パリでは意外なものが高い!それはタイツやストッキング。2足で10ユーロ(約1300円)ぐらいします。そして、品質があまり良くないようで、すぐに破れてしまいます。(実際、破れている人を何人も見てしまいました)
日本の靴下メーカーのタビオも売っていますが、1足が3000円ぐらいしていたり。
3足1000円で丈夫なタイツが手に入る日本は「工業国なんだなぁ」と、こんなところで日本の技術力のすごさを感じます。
ちなみに、ユニクロのヒートテックも人気だそうです。ニッポン・バンザイ★

 旅に出ると必ず現地で、服や靴など普段使いできるものを買うようにしています。日本に帰ってから日常の中に旅調達のものがあると、朝からご機嫌に出勤できたり、しんどくっても「頑張ろう!」って思える心の栄養になるからです。
今回はモンサンミッシェルで予想外の寒さにセントジェームズのボーダーカットソーを買ったのですが、バッグも欲しいなぁ、と。(服は買ったその日の夜から着てましたが)

で、パリで働く方に人気バッグを聞いたところ、「パリジェンヌは冒険をしないから、ヴァネッサブリューノかロンシャンだね」とのこと。確かに、街では若い人もおばあちゃんも、この2つを持っている人が本当に多い!おばあちゃんがヴァネッサブリューノのキラキラを持って歩いている姿がとってもキュートで、見るたびに「あんなおばあちゃんになりたい!!」と憧れて...通りすがりの百貨店で衝動買い。ご機嫌さんの必要経費ということで... 最近本当に日本でバッグを買ってないな...と思いつつ。

ひとつひとつが本当にかわいい!

◆日本ブーム!

 パリでは今日本ブームのようです。(パリだけではなく、ロシア等もそうらしくって)
「日本食行こうか!」と言ってくれる男子は"イケてる!"となるそうです。
駅の看板にも「ワンピース」、日本の漫画も売っていたりと、ちょっと嬉しくなりました。
 「抹茶」も人気で、キットカットの抹茶味に感激していたり、スターバックスでも抹茶ラテが人気だったり、「抹茶ケーキがおいしいよね」という人がいたり...と抹茶味は好まれているようです。
 紅茶の有名店「マリアージュフレール」でも、日本風の缶がショーウィンドーに飾ってあったり、新歌舞伎座で話題の隈研吾さんが内装を手掛けたお店があったり...ヨーロッパのあの建物の中で日本を感じるのはとっても不思議な感じ。でもちょっと誇らしいですよね。

 そして、そして、日本女子も人気があるようで...フランス男子の平均身長はそんなに高くないので、小柄な日本女子は結構人気らしく。それを体験できたのかは不明ですが、夜ご飯の後に行ったカフェでお店の方が「お店からじゃなくて、僕がご馳走するよ!」と、お会計を持ってくれるというステキなことがあったり。日本じゃ絶対にありえないですよね。

ノートルダムの周りも花がいっぱい

昼間のモンサンミッシェル

ヴェルサイユ宮殿のプチトリアノン。トトロに出てきそう?藁葺きの屋根にちょっと日本っぽさを感じました。
シャルトルの大聖堂
大きな建物を支えるフライングバットレス。いつもながら構造に感動です。

夜のモンサンミッシェル(泊まった人だけが見られる絶景です!)

レンヌの公園。
日本と違って直線的な感じです。
いろんな国のご飯が食べられるのもパリのいいところ。これはエチオピア料理。手で食べるのです。
雨上がりのエッフェル塔。どこからでも見えるけれど、シャイヨー宮から見るのがおすすめ!

青空の下の考える人(うしろにエッフェル塔の頭が!)

おいしすぎるミルフィーユ
今回泊まったパッサージュの中のホテル。テレビでも紹介されていたそう。
ヴァンブの蚤の市。クロスと花瓶にできそうなピッチャーをゲット!カフェオレボウルを買えずに終わったのが心残り...

旅のメイン(観光)の話はほとんど書いていませんが...パリの小ネタを少しご紹介しました。
一人旅のいいところは、好きなところに、好きなだけいて、好きなものを食べて、予定も気ままに決められて...そして何より、いろんな人が助けてくれるところ!!
コストが若干かかるのが難点ですが(ホテル代が1室いくら、となるので人数がいる方がお得なのです)、地図を見ながら道を探したり、カタコト言語で話しかけたり・話しかけられたり、忘れられない思い出がいっぱいできます。

これからの季節は旅にぴったり!身軽に動けるのもいいですし。旅に出るのに、何の役にも立たないような情報だったかもしれませんが、(勝手に!)一人旅ガール推進委員としては、国内でも、海外でも、楽しい旅をする人がたくさんいたらいいな...と思います。(決して旅行会社の回し者ではありません!)

ということで、短い春を感じつつ...みなさまも心も満腹、元気はつらつ♪にお過ごしください。

PAGE TOP

  • リビングライフラボ
about
tomoco kuwahara: 大阪の南で生涯学習にかかわりながら、たくさんの人と出会うお仕事をしています。
旅とかわいいもの、おいしいもの、体にいいものが大好物!
ご機嫌な毎日を過ごすため、ステキなもの、キラキラなものを日々の暮らしの中で探しています。
PICKUP Index
「春へのかけはし」 シラスを訪ねる湯浅の旅
食べることは生きること  -ドラマと映画で学ぶ「いきる」こと-
用の美「出西窯」(島根県出雲市)  -出雲に来たなら行かなゃね
ムーミンママのお料理の本
山ガールのススメ -大台ケ原編-