1. EEIE HOME
  2. PICK UP
  3. Live beautifully ★ Think freely
  4. 週末台湾★さくっと・ぐるっと・リフレッシュ!

PICK UP ~編集部のおすすめ~

Live beautifully ★ Think freely

12.12.26

週末台湾★さくっと・ぐるっと・リフレッシュ!

1年が過ぎるのが早くなったと感じるのは年をとったせいなのでしょうか?あっという間にクリスマスも過ぎてしまいましたが、みなさまステキな時間をお過ごしになられたことと思います(私は仕事と掃除に追われていましたが)。ここから一気にお正月に向けて慌ただしさが加速!ついでに忘年会続きで肌荒れも体重も加速中...なので、自分で用意するご飯の時は「玄米・野菜・果物・発酵食品」でメンテナンス。と、一応気をつけています。

さて、私の働く地域では、今でも隣近所で一緒に餅つきをしてお正月のお餅を準備するところが多いです。「明日は隣組のもちつきだから朝5時から準備...」という話を聞くと、大変だけど、そういう伝統や地域の行事があるっていいな、と思うのです。「絆」という言葉が大流行ですが、こうした昔ながらの行事を通じて子どもからおじいちゃん・おばあちゃんまで世代を超えたつながりが生まれ、文化の伝承も含めて生活を豊かにしてくれます。 餅つきが上手いおばちゃまたちを見ると、自分が年をとった時にちゃんとできるか不安になりますが...機会があるときには積極的に参加してコツを学んでおかなければと思うのでした。

さてさて、今回は先日行ってきた台湾3泊4日の旅から、台湾情報をお届けします!

週末台湾★さくっと・ぐるっと・リフレッシュ!

超高層ビル 「台北101」

台湾でも衛兵交代

台湾と言えば・・・おいしいご飯! お茶! そして「長靴」!

まずはごはんから。
台湾にご飯を食べに行く、という人も結構いたり、日本でも小龍包の有名なお店があったりと、日本人には受け入れられやすい台湾料理。
本当にたくさんおいしい料理があるのですが、今回は地元密着、普段着のごはん+おやつをご紹介。

タロイモ豆花。里芋みたいな感じかな。

台湾ごはんの嬉しいところは、野菜がたくさんなこと!
中でも私のイチ押し食材は「タロイモ」。
ベトナムの「クチ」という地下トンネルで有名な場所で食べたのが私の初タロイモだったのですが、ほくほく・甘さ控えめ・素朴な味がたいそう気に入りました。
日本で食べられないのが残念だと思っていたら、台湾で食べられることを発見。
LCCなら片道最安約6,000円!3時間もあれば着いてしまうご近所さんで食べられるなんて!

今回食べたのは「豆花」(水でふやかした大豆から搾り出した豆乳(豆漿)とさつまいもの粉(地瓜粉)を混ぜ合わせ加熱、冷やし固めたもの)にタロイモを団子にして入れているもの。
豆花は台湾では一般的なおやつで、タロイモの他にタピオカやフルーツなどお店やトッピングによって変わりますが絶対たべてもらいたい一品です。

他には、「千と千尋の神隠し」で有名な「九份」というまちの名物タロイモ団子「芋圓」。

スープが甘いのが気になりますが、お餅もタロイモも大好きなら、おいしくて止まらないもちもち感です。それから、タロイモに衣をつけて揚げ、粉砂糖をまぶしたものも素材の味がよく出ておススメです。

芋圓製作中...

まちを歩くとこんな風景も。刀削麺のお店。

続いては、「台湾茶」
台湾はお茶の国。仕事に行くときもお茶セット一式を持参していたり、お茶の葉が入るペットボトルにお湯を足しながら飲んでいたりと、どんな人の生活にも欠かせないものになっています。
台湾茶の特徴は、色がなくなるまで何回でも飲めること!色が出ていれば次の日もそのままの茶葉で大丈夫!
お茶の葉はてんぷらにしたり茶葉料理として最後まで使いきれる!ということです。
日本茶は2,3回入れるともう入れかえますが、台湾のお茶は経済的!お茶の葉は小分けにされたものもありますが、大きな丸い煎餅のような形で固められもの(必要分を割って使います)もあります。
種類としては凍頂烏龍茶やプ―アール茶、東方美人茶などが有名。
お茶ごとに効能があり、凍頂烏龍茶もプ―アール茶もダイエットに効くそうです。
プ―アール茶は賞味期限がなく、20年物、50年物、など年数が経つほど高価になっていきます。
お茶を売るお店では、本格的な道具を使って試飲させていただけるので、お気に入りの茶葉を見つけることができます。

茶器がかわいすぎる!!

お茶菓子も充実していていろいろありますが、腎臓にいいという「ハスの実」のはちみつ甘納豆?がおススメです。
茶器も素敵なものが多くてほしいものがいっぱい!でも、結構なお値段...。
いつかはお気に入りを見つけて揃えたいと思うのですが、まずはお茶を飲むことから始めます。
ちなみに、油が多い台湾料理を食べていても、太った人が少ないのはお茶の効果もあるようです。

最後にご紹介するのは、「長靴」。
なんで長靴?
台湾は、とっても雨の多い国です。私が滞在した4日間、毎日降ったりやんだり。傘は欠かせません。
そして、バイク・自転車の多い国だからか長靴とレインコートも「あったらいいなグッズ」で、使っている人がたくさんいます。

道路の表示もかわいくってもおもしろい!

傘は、実用的なものからネタみたいなものまでいろんな場所でいろんなものが売られています。
観光スポットで見かけるツアーのガイドさんたちが何人か、色違い・柄違いで同じタイプのブーツ風な長靴を履いていて、それがとってもかわいい!
なので、どこで売っているかを聞いて調達してきました!

これで雨の日も旅の記憶と一緒にうきうき♪

ブーツっぽくジップもついて、リボンも付いて、ちょこっとおまけしてもらって、お値段700台湾ドル!(約2,100円)
因みに、膝下までの長いものは960台湾ドル(約2,880円)ですが、背の低い私にはこれでちょうどよい感じ。
これは士林夜市にある靴屋さんで購入しましたが、服屋さんでも売っていました。
同じ商品をいろんなお店で扱っているということは、値段も交渉次第?と思ったり。スーツケースの4分の1を占めて一緒に帰国しました。

日常の中に旅を感じられると、たまに起こる心のざわざわも乗り越えられてしまいます。
そんなご機嫌・キラキラアイテムを調達するのも旅の楽しみの1つ!
この長靴で憂鬱な雨の日もうきうき水たまりもジャンプ!で飛び越えられそうです。
今回は、おおのきよみさんの著書「おもちかえりアジア」を読んで、生活の中にアジアをどう取り入れるか参考にさせてもらいながら旅してきました。
いろんな国がごちゃごちゃな私の部屋は、引っ越しして広く大きくする以外に収拾しそうにありませんが...
なかなか思い通りにいかないのは人生も部屋のインテリアも一緒??

今年の更新はこれが最後。
お付き合いいただきありがとうございました。
来年も生活のイロドリになるようなお話を書いていけたらと思っています。
シンプルにくらす、自由にかんがえる・・・
今年はどれだけできたかな?と一人反省会をしつつ・・・
2013年も健やかでキラキラな一年になりますように!それでは良いお年をお迎えください!

PAGE TOP

  • リビングライフラボ
about
tomoco kuwahara: 大阪の南で生涯学習にかかわりながら、たくさんの人と出会うお仕事をしています。
旅とかわいいもの、おいしいもの、体にいいものが大好物!
ご機嫌な毎日を過ごすため、ステキなもの、キラキラなものを日々の暮らしの中で探しています。
PICKUP Index
「春へのかけはし」 シラスを訪ねる湯浅の旅
食べることは生きること  -ドラマと映画で学ぶ「いきる」こと-
用の美「出西窯」(島根県出雲市)  -出雲に来たなら行かなゃね
ムーミンママのお料理の本
山ガールのススメ -大台ケ原編-