1. EEIE HOME
  2. PICK UP
  3. 美しいくらしの道具
  4. 台所仕事が楽しくなる、おしゃれな調理器具。

PICK UP ~編集部のおすすめ~

美しいくらしの道具

12.06.13

台所仕事が楽しくなる、おしゃれな調理器具。

夏野菜が出始めて、炒め物や揚げ物が恋しくなる季節の到来。そんな料理を、おしゃれな調理器具で作れたら、台所仕事もぐっと楽しくなりますよね! そこで今回は夏ごはんを美味しく味わえておしゃれな調理器具をリサーチ。揚げ物のオイルを保存しながら火にもかけられるフライヤー、3つの料理が同時進行で調理できるフライパン、そしてお米好きに愛用者続出中の精米機をピックアップ! おしゃれな調理器具で美味しい料理を作ってみませんか?

センターエッグトリプルパン/2,980円/アーネスト株式会社

お弁当作りにぴったりのフライパン!

お弁当作りに便利なフライパンを発見!仕切りが2か所付いているので、ひとつのフライパンで3つの料理が同時進行で作れるスグレモノなのです! 普通のフライパンで卵焼きを作るなら2個以上使わないとふっくらと焼きあがらないのに、このフライパンなら1個でふっくら作れるのはとっても便利。そのうえ焦げ付きにくいフッ素樹脂加工で洗いやすいのも嬉しい限りです。毎朝のお弁当作り、このフライパンで時短できたら、少し時間に余裕が持てそうですね。

クイックフライヤー/レッド、ブラック/10,500円/SEMPRE

揚げる、濾す、保存する、がひとつになったオイルポット。

揚げ物ってすぐに出来て便利だけど、オイルの後始末が面倒で...。そんな悩みを払拭してくれるスグレモノがクイックフライヤー。オイルの保存をしてくれるだけでなく、そのまま火にかけると、ちょっとした揚げ物もできるんです。また使い終わったオイルはフィルターをセットし、ろ過パウダーを入れて注ぐと、汚れが取れてとってもキレイになるんです。収納しやすいコンパクトなサイズも嬉しいポイントです!

匠味米/12,800円/カルワザオンライン

ごはんがぐっと美味しく食べられる精米機。

料理上手が使っているという精米機。家にあれば、玄米で買っておいて、近々食べる分だけ少しずつ精米することができるので、いつでも新鮮で美味しいごはんが食べられると聞けばうらやましいし、好みや料理方法によって細かく精米度を変えられるのも楽しそう。それに風味の落ちた古米を再度精米すれば、つきたての美味しさがよみがえるというのがうれしい。精米後の手入れもカンタン、残った米ぬかはフローリングの艶出しなどに再利用している方もいるそう!

プロフィール&今月のフクギドウ

表 ゆかり

神戸・六甲で[器 暮らしの道具 フクギドウ]を営みながら、ライターや器のスタイリストとしても活動中。3月にはスタイリングを手掛けたお豆腐本が、4月には2冊目の書籍「フクギドウ 暮らしの器とごはん -料理上手の台所から-(主婦の友社)」を刊行。

6月はイベント続き! 国画会工芸部の若手有志でつくられた「コウゲイ創発塾展 -お酒のテーブル- 」が6月12日(火)~17日(日)、そして大好きなパンツを集めた「はたらくパンツ展」が6月22日(金)~30日(土)まで開催します!

PAGE TOP