1. EEIE HOME
  2. PICK UP
  3. 美しいくらしの道具
  4. 気分をリセットしてくれる春のアイテム。

PICK UP ~編集部のおすすめ~

美しいくらしの道具

12.04.18

気分をリセットしてくれる春のアイテム。

4月ははじまりの季節。とはいえ、環境の変わらない方も多いはず。けれど何かに挑戦してみたり、新しいものを取り入れたいと思うこともあるのでは? そこで、くらしをちょっとだけ変えてくれるアイテムをリサーチ。部屋をガラリと変えてくれそうな明るい雰囲気のカーテン、豊かな暮らしへの一歩になりそうな手仕事の籠、暮らしに彩りを加えてくれるフラワーベースを見つけました。新しいものを取り入れて、気分をリセットしてみませんか?

既製品カーテン/100×135cm、100×178cm、100×200cm/5,145円~/FIQオンライン

あれこれ選ぶ楽しみのあるカーテン!

清々しいイメージの素敵なカーテンを発見! 北欧中心のファブリック専門店[FIQ(フィーク)]のもの。既製品なのでリーズナブルなのに、3サイズから自宅に合うサイズを選べ、またたくさん用意された生地から好きなものをオーダーできるのが嬉しいですよね。他にレースカーテンやオーダーカーテンもあるので、どう組み合わせるかを悩むのも楽しいひととき。そうして選んだカーテンは、部屋の雰囲気をぐっと変えてくれるはず!

福島あけび籠(みだれ編み)/19,950円/世界のかご カゴアミドリ

春のおでかけは、手仕事の籠で!

「みだれ編み」が美しいのは、福島・奥会津地方で作られたあけびの籠。この編み方は下準備をしたあけびの蔓と製作者が会話をするように、1本1本編んでいく技法。軽やかな印象なので、春のおでかけに持つだけで心もふわりと軽くなりそう!またお気に入りの内布バッグを使うとガラリと印象が変えられそう。着物に合わせても素敵だし、使わない時は壁にかけてドライフラワーを入れても。持つだけで暮らしが豊かになる、そんな籠バッグです。

線巻き花器/2,940円/H10.5、W16.0cm/グラチッタ

春のインテリアに彩りを加えてくれる花器

春は芽生えの季節、花やグリーンが気になる頃。素敵な花器がないかと見つけたのが沖縄の[グラチッタ]の線巻き花器。シンプルモダンな雰囲気は外側に巻き線が施されているから。そんな花器には小さなバラを短めにカットして1~2本挿してみたり、水を張って花だけ浮かべても。また二つ並べて同じ植物を飾って使ってもかわいいし、花器として使わない時は、フローティングキャンドルに使っても。暮らしに彩りを加えてくれそうなアイテムです。

プロフィール&今月のフクギドウ

表 ゆかり

神戸・六甲で「器 暮らしの道具 フクギドウ」を営みながら、ライターや器のスタイリストとしても活動。3月にはスタイリングを手掛けたお豆腐本が、4月には2冊目の書籍「フクギドウ 暮らしの器とごはん -料理上手の台所から-(主婦の友社)」が刊行予定。

4月で3周年を迎えるフクギドウでは記念のワークショップを開催!人気手芸家の西山真砂子さんと一緒にお針仕事をし、京都の和菓子店 青洋さんに特別にお願いした和菓子でおしゃべり。おみやげに器を、というスペシャルな内容です!

PAGE TOP