1. EEIE HOME
  2. PICK UP
  3. ヘルスケア&ビューティー
  4. あきらめない! 目元の小じわケア。

PICK UP ~編集部のおすすめ~

ヘルスケア&ビューティー

12.02.08

あきらめない! 目元の小じわケア。

モデル/向手愛子 写真/本郷淳三

ある日ふと、気になり始めた目元の小じわ。ちりめん状のしわは、早い段階で手を打てば高い確率で改善するものもあるそう。小じわ対策は、シワが深くお肌に刻まれる前にケアするスピード感と諦めずに継続することが大事。加齢はもちろんのこと、小じわを引き起こす大きな原因は、紫外線によるダメージです。紫外線量が増えてくる3月を前に、今回小じわケアについて一緒に考えていただいたのは[たかいわクリニック]の高岩真理院長です。

1.小じわはどうして現れるのですか?

少し前はうっすらとした線だったのに、鏡でよくチェックしたら、くっきりしたしわに...。そんなとき、落ち込むのはまだ早い。「努力次第で、改善する可能性がある」と高岩真理院長はいいます。
「お肌の弾力を構成するコラーゲンやエラスチンは、体が出来上がるころ、つまり20歳ごろまで増産されます。以降は減る一方なので、いかにそれを保つかがポイント。できるだけ早くケアを始めることが大切なのです」
まだまだお肌がプルプルに見える20代でも、老化は確実に始まっているのですね。
「そうなんです。顔が若々しく見えるためには、目元の印象がとても大きく影響します。小じわ以外にも、加齢と共にたるんだり落くぼんだり。だから、小じわを含めた目元全体のケアという視点で捉えて、お手入れしていくのがいいでしょう」
老化以外にも、小じわの原因になるものはあるのでしょうか?
「まずは紫外線ですね。コラーゲンやエスラチンは紫外線ダメージを受けやすい成分なんです。すると、お肌のハリがなくなり、弾力性が失われ、たるみや小じわにつながります。若い頃は回復も早いですが、20代も後半になると回復力がダウンしてダメージが蓄積されやすくなります」と高岩先生。小じわを深く刻ませないためには、紫外線対策も万全にする必要がありそうです。

エラスチンを復活させ、コラーゲンを再生させることが臨床的に証明されている「バイミネラルコンプレックス」を使用したアイトリートメント。オバジ独自の技術を採用し、成分を肌の奥深くまで浸透させるので、お肌の弾力性を回復させるのに優れた効果を発揮するとか。ジェルとクリームの2タイプがあり、医療機関でのみの取り扱いです。 オバジ®メディカル エラスチダーム 各14,700円

「乾燥も大敵ですね。水分保持力が低下すると、しわになりやすくなります。そのまま放っておくと乾燥も進み、シワも深くなるという悪循環です。目元の保湿もしっかりしてください。ただし、目元の皮膚は薄いので、アイクリームなどをつけるときにこするのはNGです」
また、蒸しタオルやアイマスクで温めることもおすすめだとか。
「目が疲れたり乾いたり緊張したりすると、周りのお肌も活性化できません。温めると神経の緊張がゆるめられ、涙の中のうるおい成分の分泌を促進する効果も期待できます」。
ただし、蒸しタオルなどは長時間するとお肌の水分を奪う可能性もあるので、必ず保湿クリームを塗ってから。温めた後も必ず保湿を。そのひと手間が大切です。

2.実践! 目元の元気を取り戻すマッサージ。

小じわの改善、ひいては目の周りの若返りのために、まずはお肌自体を元気にしてあげましょう。お家でも手軽にできる効果的なマッサージ法を、高岩院長に伝授してもらいました。ちょっと手が空いた時間に試してみてください。

①リガメントを押す。

こめかみの側にある、ちょっと凹んだ弾力のある部分はリガメント(靭帯)で、顔の筋肉を支えている部分です。目元全体が引き上げるために、ここを数回やさしく押して。

②目の周りの神経を刺激。

瞳の真下の骨の当たるところを、やさしく押します。ちょっとピリッと痛いところが、神経が通っている部分。強く押すと黒ずみの原因になるので優しく。
目頭の上のくぼんでいる部分を優しく押して。
瞳の真上の骨の溝も、やさしく押し上げるように刺激。親指ですると押しやすい。

小じわのセルフケアをライターがリポート!

●栄養を与える
「エラスチダーム」のジェルタイプを、朝夜2回塗ることを続けて2週間。目の下にくっきりと刻まれていた2~3本のシワが、若干薄くなってきた実感が! お肌の調子がいい日は目の下のまぶたにもハリが戻り、アイラインが引きやすくてうれしかったです。

●温める
オフモードに入った寝る前にホットタオルを。パソコンに向かうことが続く毎日でしたが、徐々に疲れ具合がマシになっていったので、お肌の活性化につながったのかも!? また、高岩先生も実践しているという、お風呂に入りながらのホットタオルは、気持ちよくて最高です。

アンジェリークモイスチャークリーム 5,250円

●保湿する
目元のマッサージをするときや、ホットタオルで温める前に、必ずクリームを塗って保湿を心がけました。特にホットタオルの後は、目元ふっくらに。[たかいわクリニック]オリジナルの「アンジェリークモイスチャークリーム」は、肌の角質層に素早く浸透し、うるおうのにベタつきません。温めた後も必ず保湿を。目の周りだけでなく、顔や身体の保湿剤にも使えます。

取材協力/たかいわクリニック

2010年11月に[天王寺都ホテル]移転し、医療施設でありながら、ホテル内にあるためサロンのような洗練された雰囲気のクリニック。眼科医でもある高岩真理院長が、シミを治療しきれいになった経験をきっかけに美容皮膚科を開業。「一人でも多くの方にきれいになる喜びを」をモットーに、医療レーザー脱毛、にきび・赤ら顔などの治療、しわ・たるみ解消のアンチエイジング、体質改善まで幅広く手がけている。隣には眼科、皮膚科も併設。

たかいわクリニック
大阪市阿倍野区松崎町1-2-8 天王寺都ホテルB1F 電話 06-6624-2225
http://www.takaiwa-clinic.com/index.html

柴山小枝/フリーライター

関西の女性誌や広告で活躍するビューティーライター。気になるビューティーアイテムは体を張ってチャレンジ、その効果をレポート。お家で、自分でできるカンタンなケアからプロ愛用のアイテムまで、季節に合わせたお手入れを提案していきます。

PAGE TOP